セ・パ交流戦中継2017|テレビ・ネット放送一覧と【無料】で見る方法

LINEで送る
Pocket

2017年3月31日、プロ野球2017シーズン公式戦が開幕。5月30日には、セ・パ交流戦がスタートしました。

セントラル・リーグ(以下セ・リーグ)、パシフィック・リーグ(以下パ・リーグ)のチームが対戦する、年に1度の特別な期間です。

プロ野球は、スカパー!、スポナビライブ、DAZN(ダ・ゾーン)、パ・リーグTVなど、さまざまな視聴方法が乱立して、利用環境に本当にあった最適なサービスを選ぶ事が難しくなりました。

本記事では『プロ野球セ・パ交流戦・完全ガイド』として、

  • セ・パ交流戦2017に関する情報
  • 全12球団のテレビ・ネット中継一覧 & 各サービスの説明
  • 球団別おすすめ視聴方法
  • セ・パ交流戦の中継を無料で見る方法

以上の内容を中心に、あなたに最適な視聴方法を見つける事ができます。

6月18日「ソフトバンク vs. 広島カープ」の勝者が、セ・パ交流戦「優勝チーム」となります!

スポンサードリンク


プロ野球|セ・パ交流戦とは?

2017年5月30日、セ・パ交流戦が開催。6月18日まで各チーム1カード3試合×6球団の18試合を行います。

1カード3試合のため、ホームゲーム・ビジターゲームのみの3連戦が組まれ、翌年はその逆になる方式です。

例えば、2016年の巨人対ソフトバンクはヤフオクドームで3連戦が行われたので、2016年は東京ドームで3連戦が行われます。

セ・リーグとパ・リーグのチームが試合を行う貴重な機会となり、公式戦の成績にも反映。

2015年からは、勝ち越したリーグ全球団に賞金(上位ほど高額)が支払われる形になりました。ドラフト会議の優先権(ウェーバーで先になる権利)も、交流戦で勝ち越したリーグに与えられます。

過去12年では10度、パ・リーグが優勝。2017年も6月10日終了時点で、セ25勝パ34勝とパリーグが勝ち越しています。

巨人とヤクルトの連敗が、大きく影響しています。

セ・パ交流戦・日程カレンダー(6月)

5月30日から6月18日までは、プロ野球セ・パ交流戦が開催。6月23日からは、2017年シーズン公式戦に戻ります。

引用|http://npb.jp/games/2017/

セ・パ交流戦の順位

セ・パリーグの順位・成績表です(6/12終了時点)

セ・パ交流戦の成績は公式戦の成績に反映されます。

近年はパリーグ球団が勝ち越すことが増えており、セ・パ交流戦の終了時に、セ・リーグ全6球団が勝率.500を切るという現象が起こったこともあります。

セ・パ交流戦 順位 (6月17日 終了時点)

 

 







1位 17 12 5 0 .706 1 87 52 25 15 .266 2.60
2位 17 11 6 0 .647 1 1 79 47 21 10 .268 2.64
3位 17 10 6 1 .625 0.5 1 82 58 23 15 .253 3.21
4位 17 10 7 0 .588 0.5 1 74 62 10 10 .249 3.13
5位 17 9 8 0 .529 1 1 80 71 16 4 .246 3.71
6位 17 9 8 0 .529 0 1 78 72 21 4 .246 3.83
7位 17 9 8 0 .529 0 1 64 76 14 1 .274 3.77
8位 17 8 9 0 .471 1 1 60 73 16 9 .241 4.20
9位 17 7 10 0 .412 1 1 60 68 8 10 .241 3.52
10位 17 6 11 0 .353 1 1 65 89 6 6 .244 4.86
11位 17 5 11 1 .313 0.5 1 54 94 13 5 .226 5.17
12位 17 5 12 0 .294 0.5 1 56 77 8 9 .261 4.35

セ・パ交流戦の中継を見る方法

プロ野球セ・パ交流戦のテレビ・ネット中継一覧を紹介していきます。

2016年からはスポナビライブのサービス開始の影響で、ネット中継でプロ野球を見る人が急増。まずは無料で試しに見ることができます。

ここからは、実用的なインターネット放送と、テレビ中継を厳選して紹介していきます。

テレビ中継(地上波・BS)

プロ野球は、全12球団がそれぞれ独自に主催試合の放映権を持っているため、球団によって放送内容が異なります。

基本的に、NHK総合(地上波)の放送を確認して放送がなければ、ネット放送で見ることになります。

他にも地域限定ですが、各球団の地元テレビ局の放送があります。詳細は各テレビ局をご確認ください。

スポナビライブ

スポナビライブ』は、10種類以上のスポーツをインターネット中継する、ソフトバンクが提供する新しい動画配信サービスです。

プロ野球は、「公式戦」「セ・パ交流戦」をLIVE中継で配信。巨人・広島を除く、全10球団の主催試合を全試合放送。

プロ野球中継の配信が、テレビ・インターネットの全サービスの中で、単体で最も放送球団が多いのが、スポナビライブです。

唯一の弱点として、巨人・広島の主催試合(ホームゲーム)が放送されません。対戦相手の主催試合は放送します。
(例:巨人 vs. 阪神(東京ドーム)→放送なし 阪神 vs. 巨人(甲子園)→放送あり)

スポーツのLIVE中継・録画放送(フル動画)・ダイジェスト(ハイライト)・インタビューなど様々な動画を、スマホ・タブレット・PCテレビを使って、いつでも見る事ができるスポナビライブ。

もし見逃しても録画されており、放送から1週間限定で何度でも見る事ができます。

もちろん、最新のスマートフォン(iPhone・Android)・SIMフリー携帯・PC・タブレットにも対応。

インターネット中継のため、外出先からも視聴する事ができます。

月額料金

携帯会社

月額料金

ソフトバンク

980円

Yモバイル

980円

ドコモ・au・格安SIM

1,480円

ドコモ・au・格安SIM
(Yahoo!プレミアム会員)

980円

Yモバイル・Yahoo!プレミアム会員の方は、ソフトバンク携帯と同じく、月額980円で利用可能です。

Yahoo!プレミアム(462円)、スポナビライブ(980円)を合算した場合、月額1,442円となります。通常料金1,480円払うより、お得に利用することができます。

詳細は、スポナビライブの全てが解る7つの特徴をご確認ください。

無料期間

スポナビライブは、現在1ヶ月無料キャンペーンを実施中。2017年のプロ野球公式戦(ペナントレース)を、無料で見ることができます。

もし試してみて必要なかったら、無料期間中にやめれば0円ですので、デメリットがありません。
(例:6/13に申し込み→7/12までの無料期間に解約→0円)

詳細は、【完全ガイド】スポナビライブを無料で見る方法をご確認ください。

スカパー!プロ野球セット

プロ野球チャンネル

プロ野球12球団の全試合をテレビ中継で見るには、スカパー!でプロ野球セットの加入が必要です。

視聴方法

スカパー!申し込み時に、見たい球団に合わせてチャンネルを選びます。

「チャンネル単体」を選ぶか、全12球団の公式戦を全試合放送する「プロ野球セット」のいずれかを選択。プロ野球セットは、各球団の放送がある有料チャンネルを、全て見る事ができるパックです。

複数球団を見る場合はチャンネル単体で契約するより、月額料金が安いです。また、421円の基本使用料は別途発生します。

月額料金

料金|3,980円+421円=4,401円(税抜き)

プロ野球セットは申し込み月が無料。2ヶ月目からは3,980円が発生します。申し込み月に解約することはできませんので料金は必ず発生します。

プロ野球セットのチャンネル一覧

チャンネル 放送球団
JSPORT
(2,469円)

オリックスバッファローズ/楽天イーグルス/
広島東洋カープ/中日ドラゴンズ

GAORA
(1,296円fr)

日本ハムファイターズ/阪神タイガース

日テレG+
(972円)

読売ジャイアンツ

FOXスポーツ
(1,026円)

福岡ソフトバンクホークス

TBSチャンネル2
(1,080円)

横浜DeNAベイスターズ

TBSニュースバード
(401円)

千葉ロッテマリーンズ

フジテレビONE
(1,080円)

東京ヤクルトスワローズ

フジテレビTWO
(1,080円/月)

埼玉西武ライオンズ

スカパー!では、プロ野球を放送するチャンネルが8種類以上存在し、そえぞれが契約している球団の主催試合を、毎試合放送します。各チャンネル、基本的にビジター試合の放送はありません。

見たい試合のチャンネルを合わせる時は、主催試合側のチャンネルに合わせる必要があります。

※注意点

  • TBSチャンネル2契約者は、テレ朝チャンネル2もセットで視聴が可能
  • フジテレビONE契約者は、フジテレビTWOとのセット契約となり料金は1080円のまま2ch視聴可能
  • フジテレビTWO契約者も同じく、フジテレビONEとの2ch視聴可能

セ・パ交流戦のテレビ・ネット中継を無料で見る方法

セ・パ交流戦はNHK総合や地元テレビ局の放送を使って無料で見ることができます。しかしそれだけでは試合数が少なく、見たい試合を見ることができません。

無料で視聴できるサービスの中で、スポナビライブが最も多くの試合をライブ中継。

『スポナビライブ』は、プロ野球・セ・パ交流戦を、無料で見ることができます。

スポナビライブは、現在1ヶ月無料キャンペーンを実施中(6月15日に申し込んだ場合、7月14日まで)

もし試してみて必要なかったら、無料期間内であれば解約しても0円なので、デメリットがありません。

実際には1度使うと、

  • スカパー!・WOWOWと比較すると月額料金が圧倒的に安い
  • プロ野球中継の充実ぶり(巨人・広島以外の10球団の主催試合を生中継)
  • 海外サッカー(プレミアリーグ・リーガ・エスパニョーラ)、Bリーグ(プロバスケ)、テニスなどを放送

以上のことから、継続して使う人が多いです。

無料期間がなくなる前に、1度試しに使ってみる事をお勧めします。

全12球団|テレビ・ネット中継一覧 & おすすめ視聴方法 

2017年、プロ野球のテレビ・ネット中継一覧です。

全12球団の全試合を見るには、全チャンネルがセットになった「スカパー!プロ野球セット(3,980円)」への加入が当たり前でした。

しかし、パ・リーグだけ見たいのであれば、2017年は「スポナビライブ」が980円で全試合をライブ中継して1番お得です。

このように現在は、好きな球団だけの視聴に絞り料金を安く済ませたり、10球団の主催試合をライブ中継する「スポナビライブ」を利用したり、視聴方法を選択することができます。

インターネット中継の「スポナビライブ」、衛生放送の「スカパー!」を理解すれば、プロ野球セットの半額以下で、あなたに最適な視聴方法を見つける事ができるのです。

全12球団の配信サービス一覧は、プロ野球中継テレビ・ネット完全ガイドをご確認ください。

まとめ

2017年のプロ野球中継は、球団によって最適な視聴方法が異なります。応援している球団に合わせた視聴方法を見つけてください。

全球団の全試合を見たいならスカパー!です。特に、昨年セ・リーグ優勝を果たした広島東洋カープと、人気球団ジャイアンツの主催試合を放送している所がメリットになります。

スポナビライブは、1ヶ月無料キャンペーン中ですので、試しに見て必要ないと思ったら無料期間中に解約すれば0円。デメリットがありません。

野球好きの方は、無料キャンペーンがやっている間に、1度試してみる事をおすすめします。

※無料キャンペーン適用の申し込みは、スポナビライブ公式サイトをご確認ください。

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 小代 より:

    スポナビライブに加入しているけど、6.18のソフトバンク戦はどうして見れないの?

    1. Droke より:

      お問い合わせありがとうございます。
      理由は主催試合が広島カープだからです。
      ソフトバンクの主催試合であれば放送されます。

小代 にコメントする コメントをキャンセル

*