プロ野球中継2017完全ガイド|テレビ・ネット放送一覧と【無料】で見る方法

LINEで送る
Pocket

2017年、プロ野球「セ・リーグ」「パ・リーグ」公式戦は、後半戦がスタートしました!

プロ野球は「スカパー!」「スポナビライブ」「DAZN(ダ・ゾーン)」「パ・リーグTV」など、さまざまな視聴方法があらわれ、利用環境にあった最適なサービスを選ぶことが難しくなりました。

本記事では、プロ野球・全12球団の中継をみる『全ての方法』を徹底的に解説。

『プロ野球中継・完全ガイド』として、

  • プロ野球シーズン2017に関する情報
  • 全12球団のテレビ・ネット中継一覧 & 各サービスの解説
  • 球団別おすすめ視聴方法
  • プロ野球の中継を無料で見る方法

以上の内容を中心に、あなたに最適な視聴方法をみつけることができます。

スポンサードリンク


目次

プロ野球・シーズン公式戦(ペナントレース)とは?

プロ野球

2017年、プロ野球公式戦(ペナントレース)が、セ・パリーグ共に開催しています。

現在のプロ野球は「公式戦」「クライマックスシリーズ」「日本シリーズ」の3部構成で日本一を決定します。

2016年は、セ・リーグ優勝が広島東洋カープ、パ・リーグ優勝が日本ハムファイターズです。

2017年は、広島カープが昨年の勢いそのままに10連勝を記録するなど絶好調。日本ハムは、大谷翔平と中田翔を怪我で欠くなど、厳しいシーズンとなっています。

シーズン公式戦(4月~10月)

セ・リーグ6チーム、パ・リーグ6チームに分かれ、3月31日からリーグ戦を戦い順位を決定します。

1球団の年間試合数は、同リーグ内の対戦が25回戦総当たりの125試合。セ・パ6球団との交流戦が各3試合で18試合の、合計143試合を行います。

7月14・15日には、1年に1度のオールスターゲームが毎年開催。

2017年はパ・リーグが2連勝をかざり、通算成績「セ・リーグ78勝・パリーグ82勝・11引き分け」としました。

クライマックスシリーズ(10月)

リーグ戦終了後に、両リーグ上位3チームが、クライマックスシリーズ(1stステージ、ファイナルステージ)を戦います。

クライマックスシリーズは、あくまで日本シリーズ出場権をかけて戦う試合で、リーグ優勝を決定するものではありません。

日本シリーズ(10月~11月)

クライマックスシリーズで優勝したセ・リーグの代表チーム、パ・リーグの代表チームが戦い、日本一をかけて対戦。

日本シリーズで勝ったチームが『日本一』を掲げることができます。

制度としては、リーグ戦に優勝できなかったのに日本一ということも起きうる現体制。改定当初は批判の声もありましたが、現在はそれがスタンダードとなりました。

2016年の視聴率は関東で25%以上と、関東に在籍するチームが出場しない日本シリーズでは、過去最高を記録。出場チームが本拠地を置く広島・北海道では50%以上の視聴率を記録しました。

プロ野球史上初「二刀流・大谷翔平」が人気を呼んでいることも大きな要因です。

プロ野球人気の復活を象徴する日本シリーズとなり、2017年もプロ野球の人気は伸び続けています。

プロ野球中継にネット時代が到来

昔は当たり前のようにテレビで放送されていたプロ野球中継。今では球団の地元テレビ局でしか放送がなくなりました。

さらに地元ですら一部試合のみと、見れない試合はたくさんあります。

それでもプロ野球は、日本で1番人気があるスポーツであり、さらに人気は近年右肩上がりです。

動画配信サービス「スポナビライブ」「パ・リーグTV」「DAZN」などのネット放送が急激に普及したことが、大きな要因の一つになっています。

地上波・BS中継が減少

地上波のテレビ中継は、今はほとんど放送されません。地元テレビ局のテレビ中継ですら1週間に1・2試合の放送とどまります。

BSでは一部の試合が放送。固定した球団の試合を放送する訳ではないため、応援している球団を見続けたい方には向きません。放送時間が延長されず、途中で放送が終わってしまうこともあります。

好きな球団の試合を毎週見たい方は、有料放送への登録が必要になります。

本記事では、12球団の中から好きな球団を毎試合見る方法を紹介しています。

インターネット中継で見る人が増加する理由

プロスポーツ全般で、インターネットを利用してライブ中継や録画放送(フル動画)を視聴する人が、2016年から急激に増えています。

その理由は、大きく5つ考えられます。

  • ソフトバンク・ドコモの参入による低料金化(980円)
  • 1つのサービスで10種類以上のスポーツを配信
  • 誰でも簡単に3分で登録
  • TVにも映せる
  • 本当に無料で見れる

詳細は、本記事の最下部で紹介していますので、ご確認ください。

プロ野球日程カレンダー(7月)

7月の試合日程です。7月14日・15日には、年に1度のオールスターゲームが開催します!

■7月前半戦(7月1日〜7月16日)

引用|http://npb.jp/games/2017/

■7月17日〜7月31日

引用|http://npb.jp/games/2017/

セ・パリーグ順位表

セ・パリーグの順位・成績表です7月22日 終了時点

セ・リーグ順位表

 







1位 88 55 31 2 .640 55 472 331 95 71 .279 3.33
2位 84 45 39 0 .536 9 59 336 319 56 41 .246 3.33
3位 87 44 40 3 .524 1 56 362 355 74 27 .254 3.68
4位 87 41 45 1 .477 4 56 294 322 55 45 .244 3.43
5位 89 39 47 3 .453 2 54 290 364 63 53 .252 3.77
6位 87 29 56 2 .341 9.5 56 283 374 51 32 .230 4.04

パ・リーグ順位表

 







1位 80 54 25 1 .684 63 379 276 86 21 .268 3.10
2位 88 58 30 0 .659 0.5 55 408 288 104 55 .269 3.14
3位 84 45 37 2 .549 10 59 391 310 89 70 .259 3.39
4位 84 38 45 1 .458 7.5 59 299 331 62 16 .257 3.55
5位 87 32 55 0 .368 8 56 306 400 64 54 .236 4.18
6位 85 27 57 1 .321 3.5 58 263 413 38 23 .219 4.58

スポナビライブ

スポナビライブとは?

『スポナビライブ』は、10種類以上のスポーツをインターネット中継する、ソフトバンクが提供する新しい動画配信サービスです。

プロ野球は、「公式戦」「セ・パ交流戦」「クライマックスシリーズ」「日本シリーズ」をLIVE中継で配信。巨人・広島を除く、全10球団の主催試合を全試合放送しています。

プロ野球シーズン公式戦のテレビ・インターネットの全サービスの中で、最も放送試合が多いのはスポナビライブです。

唯一の弱点は、巨人・広島の主催試合(ホームゲーム)が放送されないことです。対戦相手の主催試合は放送します。
(例:巨人 vs. 阪神(東京ドーム)→放送なし 阪神 vs. 巨人(甲子園)→放送あり)

スポーツのLIVE中継・録画放送(フル動画)・ダイジェスト(ハイライト)・インタビューなど様々な動画を、スマホ・タブレット・PCテレビを使って、いつでも見ることができるスポナビライブ。

もし見逃しても録画されており、放送から1週間限定で何度でも見ることができます。

もちろん、最新のスマートフォン(iPhone・Android)・SIMフリー携帯・PC・タブレットにも対応。

インターネット中継のため、外出先から視聴することができます。

月額料金

2017年3月16日に提供開始した、フルHD版スポナビライブの月額料金は以下の通りです。

携帯会社

月額料金

ソフトバンク

980円

Yモバイル

980円

ドコモ・au・格安SIM

1,480円

ドコモ・au・格安SIM
(Yahoo!プレミアム会員)

980円

Yモバイル・Yahoo!プレミアム会員の方は、ソフトバンク携帯と同じく、月額980円で利用可能です。

Yahoo!プレミアム(462円)、スポナビライブ(980円)を合算した場合、月額1,442円となります。通常料金1,480円払うより、お得に利用することができます。

詳細は、スポナビライブの全てが解る7つの特徴をご確認ください。

無料期間

スポナビライブは、現在1ヶ月無料キャンペーンを実施中。2017年のプロ野球公式戦(ペナントレース)を、無料で見ることができます。

もし試してみて必要なかったら、無料期間中にやめれば0円ですので、デメリットがありません。
(例:7/13に申し込み→8/12までの無料期間に解約→0円)

詳細は、【完全ガイド】スポナビライブを無料で見る方法をご確認ください。

スカパー!プロ野球セット

プロ野球チャンネル

プロ野球・シーズン公式戦(ペナントレース)を全試合テレビ中継で見るには、スカパー!でプロ野球セットの契約が必要です。

視聴方法

スカパー!申し込み時に、見たい球団に合わせてチャンネルを選びます。

「チャンネル単体」を選ぶか、全12球団の公式戦を全試合放送する「プロ野球セット」のいずれかを選択。プロ野球セットは、各球団の放送がある有料チャンネルを、全て見ることができるパックです。

複数球団を見る場合はチャンネル単体で契約するより、月額料金が安いです。また、421円の基本使用料は別途発生します。

月額料金

料金|3,980円+421円=4,401円(税抜き)

プロ野球セットは申し込み月が無料。2ヶ月目からは3,980円が発生します。申し込み月に解約することはできませんので料金は必ず発生します。

プロ野球セットのチャンネル一覧

チャンネル 放送球団
JSPORT
(2,469円)

オリックスバッファローズ/楽天イーグルス/
広島東洋カープ/中日ドラゴンズ

GAORA
(1,296円fr)

日本ハムファイターズ/阪神タイガース

日テレG+
(972円)

読売ジャイアンツ

FOXスポーツ
(1,026円)

福岡ソフトバンクホークス

TBSチャンネル2
(1,080円)

横浜DeNAベイスターズ

TBSニュースバード
(401円)

千葉ロッテマリーンズ

フジテレビONE
(1,080円)

東京ヤクルトスワローズ

フジテレビTWO
(1,080円/月)

埼玉西武ライオンズ

スカパー!では、プロ野球を放送するチャンネルが8種類以上存在し、そえぞれが契約している球団の主催試合を、毎試合放送します。各チャンネル、基本的にビジター試合の放送はありません。

見たい試合のチャンネルを合わせる時は、主催試合側のチャンネルに合わせる必要があります。

※注意点

  • TBSチャンネル2契約者は、テレ朝チャンネル2もセットで視聴が可能
  • フジテレビONE契約者は、フジテレビTWOとのセット契約となり料金は1080円のまま2ch視聴可能
  • フジテレビTWO契約者も同じく、フジテレビONEとの2ch視聴可能

パ・リーグTV

パ・リーグテレビは月額1,450円、有料ファンクラブ会員の方は950円でパリーグ6球団の試合を放送します。

有料ファンクラブ会員入会済みで、ソフトバンク携帯・ワイモバイル携帯・Yahoo!プレミアム会員のいずれかにも該当しなく、セ・リーグの放送を見なくてもいいという方にオススメ。

放送球団数、画質、料金面でスポナビライブが勝ります。

Hulu

2016年から、Hulu(フールー)ではジャイアンツLIVEストリーム(月額1,500円)の試合映像をライブ中継。読売ジャイアンツの主催試合を全試合ライブ中継しています。

ご存知の通り、Hulu(フールー)は映画やドラマなど他の動画を配信しているため、野球と合わせて見ることができます。

2017年5月17日には全面リニューアルを実施。

今までPCのみであったスポーツ中継のライブ配信が、スマートフォンやタブレットで視聴可能に可能になりました。

月額は933円と、「ジャイアンツLIVEストリーム」に直接登録するより安く視聴することが可能。2週間の無料期間中に解約した場合は0円です。

公式戦はビジター試合を、年間20試合ほど放送する予定です。

DAZN(ダ・ゾーン)

ダゾーン

2017年のJリーグ1・2・3部の独占放送して話題となったDAZN(ダ・ゾーン)は、プロ野球も放送!

月額1750円(ドコモ携帯は月額980円)で、横浜DeNAベイスターズ・広島東洋カープの主催試合をインターネット回線でライブ中継します。

カープの試合は、広島地域一帯ではテレビ中継を見ることができませんので、ご注意ください。

実際には、画質が悪かったり、動画が安定しなかったりと、不安要素が多いのも事実です。コンテンツ自体は非常に良い新サービスのため、今後の改善に期待しましょう。

※Android携帯を、MHLケーブルでテレビに映して見る方法は一番手軽なのですが、画質が悪いです。Fire TV stick、予算があればAmazon Fire TVを用意して見た方が、高画質で視聴することができます。

虎テレ

虎テレ

2017年のプロ野球公式戦、阪神タイガースの主催試合を月額600円でライブ中継しています。

虎テレはスマホやPCで見ることを前提にしており、テレビでの視聴方法はありません。

春季キャンプに関しては、放送が毎日あるのでオススメです。

ニコニコ生放送

ニコニコ生放送

ニコニコ生放送では、DeNA、楽天の主催試合を無料で放送しています。

一般会員は底画質モードにて配信。またプロ野球中継は人気で、人数が一定数を超えると視聴中に強制退室させられます。

再度入室すれば見れるので問題はありませんが、また直ぐに退室させられると野球中継どころではなってしまいます。

1度無料で見て、画質や強制退室に耐えられない人は、プレミアム会員に入るといいでしょう。

プレミアム会員(月額540円)になると、高画質モードでの配信、強制退室がなくなり、読み込み高速化が実装されます。

SHOWROOM

横浜DeNAベイスターズの公式戦(ペナントレース)は、SHOWROOMで見ることができます。

放送対象が少なく、横浜DeNAベイスターズの主催試合のみとなります。

Abema TV

アベマTV

Abema TVは、2017年から横浜スタジアムで行われる横浜DeNAベイスターズ主催試合(全71試合)を生中継します。

今までも「SMBC日本シリーズ2016」、「第11回BFA U-18アジア選手権」、「東京六大学野球 早慶戦」などの放送活動を行い人気が高いことから、横浜DeNAベイスターズ主催の2017年シーズン公式戦を生中継することを決定ました。

放送内容

視聴するサービスによって放送内容は変わりますが、基本的な内容は同じです。

  • オープン戦(ライブ&録画)
  • ハイライト
  • 選手インタビュー
  • 監督・コーチインタビュー特集

試合の放送内容は、ライブ中継・録画放送とハイライトが中心となります。

プロ野球のテレビ・ネット中継を無料で見る方法

『スポナビライブ』は、プロ野球シーズン公式戦を、無料で見ることができます。

スポナビライブは、現在1ヶ月無料キャンペーンを実施中(7月15日に申し込んだ場合、8月14日まで)

もし試してみて必要なかったら、無料期間内であれば解約しても0円なので、デメリットがありません。

実際には1度使うと、

  • スカパー!・WOWOWと比較すると月額料金が圧倒的に安い
  • プロ野球中継の充実ぶり(巨人・広島以外の10球団の主催試合を生中継)
  • 海外サッカー(プレミアリーグ・リーガ・エスパニョーラ)、Bリーグ(プロバスケ)、テニスなどを放送

以上のことから、継続して使う人が多いです。

無料期間がなくなる前に、1度試しに使ってみることをお勧めします。

全12球団|テレビ・ネット中継一覧 & おすすめ視聴方法 

2017年、プロ野球のテレビ・ネット中継一覧です。

全12球団の全試合を見るには、全チャンネルがセットになった「スカパー!プロ野球セット(3,980円)」への加入が当たり前でした。

しかし2017年には、「スポナビライブ」が10球団の主催試合980円でライブ中継をしています。

インターネット中継の「スポナビライブ」、衛生放送の「スカパー!」などの各サービスを正しく理解すれば、プロ野球セットの半額以下で、あなたに最適な視聴方法を見つけることができます。

ここからは12球団別に、

  • テレビ・ネット中継サービス一覧
  • 1番お得な視聴方法

以上の内容を中心に解説していきます。

また、各チームとも放送は主催試合(ホーム戦)にななります。

試合会場を確認して、主催試合を行なっている球団のサービスをご確認ください。

セ・リーグ

球団名

監督

地域

本拠地球場

広島東洋カープ

緒方孝市

広島県

MAZDA Zoom-Zoom
スタジアム広島

阪神タイガース

金本知憲 兵庫県

甲子園球場

読売ジャイアンツ

高橋由伸 東京都

東京ドーム

横浜DeNAベイスターズ

ラミレス 神奈川県

横浜スタジアム

中日ドラゴンズ

森繁和 愛知県

ナゴヤドーム

東京ヤクルトスワローズ

真中満 東京都

明治神宮野球場

パ・リーグ

球団名

監督

地域

本拠地球場

北海道日本ハムファイターズ

栗山英樹

北海道

札幌ドーム

東北楽天ゴールデンイーグルス

梨田昌孝 宮城県

Koboパーク宮城

埼玉西武ライオンズ

辻発彦 埼玉県

メットライフドーム

千葉ロッテマリーンズ

伊東勤 千葉県

ZOZOマリンスタジアム

オリックス・バファローズ

福良淳一 大阪府

京セラドーム大阪

福岡ソフトバンクホークス

工藤公康 福岡県

福岡ヤフオク!ドーム

北海道日本ハムファイターズ

日本ハムファイターズ引用|http://l-tike.com/sports/

パ・リーグ全試合を中継する、スポナビライブがおすすめです。

春季キャンプはアメリカキャンプを唯一放送していたGAORAがおすすめでしたが、公式戦は主催試合しか放送しません。

若手の石川直也・中島卓也・田中賢介といった若手選手が活躍し、チームは調子を取り戻しています。

大谷翔平が、左太もも裏肉離れで不在であった日本ハム。

7月12日には大谷翔平が投手として初登板するなど、1軍に完全復帰しました!

■GAORAスカパー!

料金|1,296円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|日本ハム・阪神の主催試合

■スポナビライブ(おすすめ)

料金|980円・1,480円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合

■パ・リーグTV

料金|1,450円(有料ファンクラブ会員950円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|パ・リーグ6球団の主催試合

■おすすめ視聴方法

■詳細

福岡ソフトバンクホークス

ソフトバンクホークス引用|http://l-tike.com/sports/

昨季3連覇を逃してしまった福岡ソフトバンクホークスは、パ・リーグ制覇&日本一に向けて、新スローガン「1(ワン)ダホー!」を合言葉に日本一奪還を目指します。

  • パ・リーグTVより安い(ドコモ・auは30円高い)
  • パ・リーグ全試合を放送
  • セ・リーグ4球団も放送

以上3点の理由から、スポナビライブがおすすめ。

FOXスポーツ(スカパー!

料金|1,026円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|福岡ソフトバンクホークス主催試合

■スポナビライブ

料金|980円・1,480円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合

■パ・リーグTV

料金|1,450円(有料ファンクラブ会員950円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|パ・リーグ6球団の主催試合

■おすすめ視聴方法

■詳細

千葉ロッテマリーンズ

千葉ロッテ引用|http://l-tike.com/sports/

主催試合しか放送しませんが、TBSニュースバードの料金が非常に安いです。

パ・リーグ全試合放送を見たい方は、パ・リーグTVより安く、セ・リーグも放送する「スポナビライブ」がおすすめです。

■TBSニュースバード(スカパー!

料金|401円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|千葉ロッテマリーンズ主催試合

■スポナビライブ(おすすめ)

料金|980円・1,480円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合

■パ・リーグTV

料金|1,450円(有料ファンクラブ会員950円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|パ・リーグ6球団の主催試合

■おすすめ視聴方法

東北楽天ゴールデンイーグルス

楽天引用|http://l-tike.com/sports/

2017年、シーズン絶好調の楽天イーグルス。

岸の加入、1番茂木・2番ペゲーロの異色打順、エース則本の活躍など様々な要因が重なり、優勝争いにふさわしい試合を見せています。

楽天のテレビ・ネット中継には、ニコニコ動画があります。無料会員で見れることがメリットですが、視聴中に退室させられるのが煩わしく、高画質モードにも対応していません。

主催試合しか放送しないため、「主催試合のみ低画質でいいので無料で見たい人」はニコニコ動画。

楽天の全試合を含む、パリーグ全試合を高画質で見たい人は、スポナビライブです。

JSPORT(スカパー!

料金|2,469円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|楽天・オリックス・広島・中日の主催試合

■スポナビライブ(おすすめ)

料金|980円・1,480円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合

■パ・リーグTV

料金|1,450円(有料ファンクラブ会員950円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|パ・リーグ6球団の主催試合

■ニコニコ生放送(おすすめ)

料金|0円(プレミアム会員540円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|楽天イーグルス・横浜DeNAの主催試合

■おすすめ視聴方法

■詳細

オリックス・バッファローズ

オリックス2017引用|http://l-tike.com/sports/

広島カープの主催試合も合わせて見たい人は、JSPORT(スカパー!)。デメリットとして、オリックスの主催試合以外がほとんど見れなくなります。

それ以外の方は、パ・リーグ全試合を放送する、スポナビライブがおすすめです。

JSPORTスカパー!

料金|2,469円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|オリックス・楽天・広島・中日の主催試合

■スポナビライブ

料金|980円・1,480円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合

■パ・リーグTV

料金|1,450円(有料ファンクラブ会員950円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|パ・リーグ6球団の主催試合

■おすすめ視聴方法

西武ライオンズ

西武ライオンズ引用|http://www.seibulions.jp

迷う必要なく、スポナビライブです。

フジテレビTWOは、フジテレビが放送する有料チャンネル。

ヤクルトの主催試合を放送する「フジテレビONE」とのセット契約となり、料金も1,080円で2ch視聴可能ですが、スポナビライブがあれば、野球観戦には必要ありません。

■フジテレビTWOスカパー!

料金|1,080円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|埼玉西武ライオンズの主催試合

■スポナビライブ

料金|980円・1,480円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合

■パ・リーグTV

料金|1,450円(有料ファンクラブ会員950円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|パ・リーグ6球団の主催試合

■おすすめ視聴方法

広島東洋カープ

広島カープ引用|http://l-tike.com/sports/

画質・動作の安定・にこだわりたい方はJSPORT。とにかく安く収めたい方はDAZN(ダ・ゾーン)がおすすめ。

広島カープの中継には以下の3点を注意してください。

  • JSPORT(スカパー!)では、広島東洋カープの一部主催試合をネット配信しない。楽天・オリックス・中日はインターネットでも生中継します。
  • DAZN(ダ・ゾーン)は、放映権の関係で広島地域では見れない
  • 2015年まで広島カープの試合を配信していた「カープライブ」は、サービスが終了

※スカパー!では、オンデマンドのネット放送はありません。テレビ視聴のみですのでご注意ください。

JSPORT(スカパー!

料金|2,469円
端末|テレビ
内容|楽天・オリックス・広島・中日の主催試合

DAZN(ダ・ゾーン)

料金|ドコモ携帯980円 その他携帯17,50円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島カープ・横浜DeNAの主催試合

■おすすめ視聴方法

読売ジャイアンツ(巨人)

読売ジャイアンツ引用|http://l-tike.com/sports/

公式戦13連敗を記録してしまった巨人。2017年の優勝争いに残るためには、何としても連勝が必要。

ジャイアンツといえば日テレG+ですが、実はHuluでライブ中継が、同じ放送内容を直接契約するより安く見ることができます。

Hulu(フールー)は、映画やドラマの他に「ジャイアンツLIVEストリーム(月額1,500円)」を放送。

全主催試合に加え、ビジター試合を年間20試合ほど放送します。

月額933円と、ジャイアンツLIVEストリームを直接登録するより安く視聴することが可能。2週間の無料期間中に解約した場合は0円でデメリットがありません。

※スカパー!では、オンデマンドのネット放送はありません。テレビ視聴のみですのでご注意ください。

■日テレG+スカパー!

料金|972円
端末|テレビ
内容|読売ジャイアンツの主催試合

■Hulu(フールー)

料金|933円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|読売ジャイアンツの主催試合

■おすすめ視聴方法

横浜DeNAベイスターズ

横生ベイスターズ引用|http://l-tike.com/sports/

対応サービス数は多く、横浜DeNAベイスターズの主催試合だけ中継するサービスが多い。

主催試合だけで低画質で良いから無料で見たい人はニコニコ動画。試合数多く、高画質で見たい人はスポナビライブがおすすめです。無料期間を1度試してどうするか決める方法が一番良いでしょう。

■TBSチャンネル2スカパー!

料金|1,080円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|横浜DeNAベイスターズの主催試合
備考|テレ朝チャンネル2もセットで視聴が可能

■スポナビライブ

料金|980円・1,480円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合

■ニコニコ生放送

料金|0円(プレミアム会員540円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|楽天・横浜DeNAベイスターズの主催試合

■SHOWROOM

料金|500円
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|横浜DeNAベイスターズの主催試合

■おすすめ視聴方法

阪神タイガース

阪神タイガース引用|http://l-tike.com/sports/

2017年、絶好調の阪神タイガースは、広島カープとの優勝争いをくりひろげています。

福留、鳥谷の好調に、今季加入の糸井、若手の北条、高山、原口が加わり手がつけれなくなっている猛虎打線。誰がこの打線を止めることができるのでしょうか?

阪神は虎テレが最安で阪神タイガースを生中継。放送は主催試合だけとなります。甲子園球場以外の試合を見ることができません。

主催試合以外にも多くの試合を見たい人は、セ・パ10球団をライブ中継するスポナビライブがおすすめです。

※スカパー!では、オンデマンドのネット放送はありません。テレビ視聴のみですのでご注意ください。

■GAORAスカパー!

料金|1,296円
端末|テレビ
内容|阪神・日本ハムの主催試合

■スポナビライブ

料金|980円・1,480円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合

■虎テレ

料金|600円
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|阪神タイガースの主催試合

■おすすめ視聴方法

■詳細

中日ドラゴンズ

中日ドラゴンズ引用|http://l-tike.com/sports/

スポナビライブ一択です。広島カープの主催試合を一緒に見たい人はJSPORTも有りですが、中日の放送試合数が減少してしまいます。

JSPORT(スカパー!

料金|2,469円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|楽天・オリックス・広島・中日の主催試合

■スポナビライブ

料金|980円・1,480円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合

■おすすめ視聴方法

東京ヤクルトスワローズ

東京ヤクルト引用|http://l-tike.com/sports/

主催試合しか見なくて良いドコモ・au・格安SIMユーザーはフジテレビ ONE。他は全てスポナビライブがおすすめです。

また、ヤクルトはイースタンリーグ(2軍の公式戦)を、公式サイトの「戸田配信」というコンテンツで無料配信しています。

■フジテレビONE(スカパー!

料金|1,080円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|東京ヤクルトスワローズの主催試合

■スポナビライブ

料金|980円・1,480円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合

■戸田配信

料金|無料
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|イースタンリーグ(2軍試合)

■おすすめ視聴方法

インターネット視聴者が急増する理由

プロスポーツ全般で、インターネットを利用してライブ中継や録画放送(フル動画)を視聴する人が、2016年から急激に増えています。

ネット配信サービスは以前からありましたが、携帯会社が自社サービスとして提供を開始することで、低料金・高品質を実現させ一気に拡大しました。

圧倒的な低料金。スカパー!&WOWOWとは収益構造が違う

2016年にソフトバンク社が『スポナビライブ』を提供開始。圧倒的なコストパフォーマンスと品質で、今までの有料放送との差別化を測りました。

圧倒的な低料金で、8種類以上のスポーツを放送できる理由は、利益を上げる方法が根本的に違うからです。

視聴料金で利益を生んでいたスカパー!やWOWOW。携帯会社が提供する場合は利益は携帯料金で回収します。

自社携帯ユーザーの料金を安くすることで、携帯(スマホ)を継続的に利用して頂き、他者への乗り換え(MNP)を防ぐことが1番の目的です。他社携帯を使っているユーザーにも、将来的に自社携帯に乗り換える見込み顧客となることから料金を安く設定しています。

携帯会社にとっては投資であり、視聴料金で利益を出そうとは思っていないのです。利益は携帯料金で回収します。

プロ野球以外の内容が充実(独占放送あり)

携帯会社のサービスは、ソフトバンクが提供する『スポナビライブ』。ドコモが提供する『DAZN(ダ・ゾーン)』が有ります。

どちらも8種類以上のスポーツを放送しており、今年度からスカパー!やWOWOWから放映権を獲得することで独占放送を実現しています。

  • スポナビライブ|プレミアリーグ&リーガ・エスパニョーラ全試合放送(昨シーズンはスカパー!・WOWOWが全試合)
  • DAZN(ダ・ゾーン)は、Jリーグ(1•2・3部)を独占放送(2016年まではスカパー!が放送)

誰でも簡単にTVでも見ることができる

Chromecast(クロームキャスト)や、Fire TV stickなどの端末を、別途用意しなければいけませんが、スポナビライブもダ・ゾーンも、誰でも簡単にテレビで見ることができます。

テレビ視聴時の画質は、ダゾーンはあまりよく有りません。しばらく経つと良くなっていたりと安定に欠けます。

スポナビライブは、2017年3月16日にフルHD版が提供開始。非常に綺麗な映像となり、「テレビに映したら画質が悪そう」という概念が無くなりました。

プロ野球を本当に無料で見れる

無料で使えるかどうかが、今までのテレビ中継と新しいネット放送の大きな差になっています。

スカパー!とWOWOWは、申し込みをした場合、初月1ヶ月無料ですが、無料期間中に解約することができません。

スポナビライブとダ・ゾーンは、無料期間中の解約が可能で、その場合の料金は0円となります。

「まずは無料だから」と1度試した人が、実際に使ったら十分なことに気づき、そのまま継続するという流れです。

まとめ

2017年のプロ野球中継は、球団によって最適な視聴方法が異なります。応援している球団に合わせた視聴方法を見つけてください。

全球団の全試合を見たいならスカパー!です。特に、昨年セ・リーグ優勝を果たした広島東洋カープと、人気球団ジャイアンツの主催試合を放送している所がメリットになります。

スポナビライブは、1ヶ月無料キャンペーン中ですので、試しに見て必要ないと思ったら無料期間中に解約すれば0円。デメリットがありません。

野球好きの方は、無料キャンペーンがやっている間に、1度試してみることをおすすめします。

※無料キャンペーン適用の申し込みは、スポナビライブ公式サイトをご確認ください。

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*