エル・クラシコ2018|テレビ放送一覧とネット中継【無料】でみる方法

LINEで送る
Pocket

2017−18シーズン『伝統の一戦エル・クラシコ』は、2017年12月23日(土)21:00キックオフ。

リーガ・エスパニョーラの頂点であり、サッカー界の頂点として世界のフットボールシーンを牽引してきた『バルセロナ』と『レアル・マドリード』の直接対決です。

優勝をかけて戦うこの『クラシコ』は、全世界で最も視聴者数が多いダービーマッチです。

しかし、

  • 地上波・BSのテレビ放送が無いと、諦めてはいませんか?
  • 無料なら見たいけど、WOWOWを契約してまではお金かかるしな・・・と思ったことはありませんか?

本記事は、クラシコ・完全ガイドとして、

  • エル・クラシコ2017概要
  • テレビ・ネット放送一覧
  • 全サービスを解説
  • クラシコの試合を無料で見る方法

以上の内容を中心に、あなたに最適な視聴方法をみつけることができます。

クラシコを無料&最高画質(Full HD)で見れるのは、動画配信サービス『スポナビライブ』だけです。

スポナビライブは、ーガエスパニョーラ・プレミアリーグの全試合を、唯一放送しています。

それでは、クラシコのテレビ・ネット放送一覧と、無料で見る方法を徹底解説していきましょう。

スポンサードリンク


クラシコ概要|レアル・マドリード対バルセロナ(バルサ) 

2017−18シーズン『伝統の一戦エル・クラシコ』は、2017年12月23日(土曜)に開催。

レアル・マドリーの本拠地であるサンティアゴ・ベルナベウにてキックオフとなります。

リーガ・エスパニョーラの年間スケジュール発表時は、12月20日に予定されていました。

平日のクラシコ開催には当初から反対の声が多く、クラブワールドカップによるレアル・マドリードの過密スケジュールも考慮され23日に日程が変更されました。

正式
名称
エル・クラシコ(El Clásico)
日程 2017年 12月23日(土曜)
時間 21:00〜(現地時間13:00)
試合 レアル・マドリード(ホーム)
バルセロナ(アウェー)
開催
場所
サンティアゴ・ベルナベウ
(レアルホーム)
時差 8時間(日本が進んでる)
昨季
結果
バルセロナからみて1勝1分

スポナビライブとは?クラシコを生放送!

スポナビライブ』は、10種類以上のスポーツをインターネット中継する、動画配信サービスです。

2017-18シーズンは、スポナビライブが唯一『リーガ・エスパニョーラ&プレミアリーグ』全試合を放送します。

もちろん『レアル・マドリード 対 バルセロナ』のクラシコもインターネットでLIVE中継。

スポーツのLIVE中継・録画放送(フル動画)・ダイジェスト(ハイライト)・インタビューなど、さまざまな動画を、スマホ・タブレット・PCテレビを使って、いつでも見ることができるスポナビライブ。

もし見逃しても録画されており、放送から1週間限定で何度でも見ることができます。

もちろん、最新のスマートフォン(iPhone・Android)・SIMフリー携帯・PC・タブレットにも対応しています。

2017年3月16日には、HD版(ハイビジョン)からフルHD版(フルハイビジョン)に、バージョンアップしました。

月額料金

携帯会社 月額料金
ソフトバンク 980円
Yモバイル 980円
ドコモ・au・格安SIM 1,480円
ドコモ・au・格安SIM
(Yahoo!プレミアム会員)
980円
(1,442円)

Yモバイル・Yahoo!プレミアム会員の方は、ソフトバンク携帯と同じく、月額980円で利用可能です。

無料期間

スポナビライブは、1ヶ月無料キャンペーンがあり、リーガ・エスパニョーラを無料で見ることができます。

もし試してみて必要なかったら、無料期間中にやめれば0円ですので、デメリットがありません。
(例:2017年12月23日に申し込みの場合、2018年1月22日まで無料➡︎1月22日に解約➡︎0円)

伝統の一戦 エル・クラシコ(レアル vs. バルサ)とは?

スポナビライブクラシコ

エル・クラシコ(El Clasico)は、スペイン語・カタルーニャ語で「伝統の一戦」を意味します。

世界最高峰のリーグであるリーガ・エスパニョーラの、レアル・マドリードとFCバルセロナの試合のことを指し、プレミアリーグ・セリエA・ブンデスリーガなどを含め数あるナショナルダービーの中でも最も注目を集める試合です。

クラシコの歴史

クラシコの歴史は114年と長く、過去の対戦ではバルセロナ91勝、レアル・マドリード95勝と互角の戦いを繰り広げています。

2016-2017シーズンにおけるリーグ戦でのクラシコの勝敗は、バルセロナから見て1勝1敗。

試合内容は技術面・精神面ともに、間違いなくチャンピオンズリーグ決勝レベルです。

伝統の一戦たる理由

両クラブは、マドリードとバルセロナというスペインの2大都市を象徴するクラブであるため、選手やサポーターの対抗意識が非常に強く、サッカー人生をかけてるかのような激しい試合になることは間違いありません。

その証拠にクラシコがスコアレスドローに終わったのは昨季を除くと、2002-2003シーズンの14年前までさかのぼります。

歴史的な背景

選手やサポーターの対抗意識が強い理由の一つには歴史的背景があります。

フランコ独裁政権時代(1930年代後半~)に内戦を最後まで抵抗したカタルーニャは言語の使用が禁じられる弾圧を受けていました。独裁政権下のカタルーニャにおいて唯一カタルーニャ語の使用が認められていたのが、バルセロナのホームスタジアムであるカンプ・ノウなのです。今でもバルセロナの街の看板にはカタルーニャ語での記載が有ります。

そんなことから、FCバルセロナを反独裁の象徴、レアル・マドリードを独裁の象徴として、スペインの歴史や内戦の縮図などとも言われてきました。

世界で最も注目される試合

クラシコの視聴者数は、生中継だけでも全世界で185ヵ国6億5000万人と言われ、多ければ10億万人とも言われています。

スペイン国内では48%の視聴率を記録するなど、全世界から注目されるサッカー界の一大イベント。ちなみに2016年・紅白歌合戦の視聴率が40%ですので、いかに高い視聴率か解ります。

試合時間|過去最大のLIVE中継チャンス

リーガエスパニョーラ2017-18シーズンの『エル・クラシコ』は、2017年12月23日(土)日本時間21:00〜キックオフ。

日本人が最も視聴しやすい時間帯での生放送が決まりました。

理由は、中国・日本を中心としたアジア諸国と、アメリカを視野に入れた試合時間が設定されているからです。

欧州全体のサッカーリーグに共通してい増えてきていますが、リーガは依然として日本時間のAM03:00前後にキックオフする試合が多いのが現状です。

そんな中、今回の開催時間は異例ともいえる『クラシコ観戦チャンス』となりました。

リーガ&プレミアリーグ全試合LIVE中継するスポナビライブでは、2017-18シーズンのクラシコが100%放送され、さらには無料で見ることができます。

見逃しても録画配信(フル動画)を見れる

今までの海外サッカーは、1回寝て夜中の3・4時に起きて見始めたけど、眠気と戦いながらでしっかり見れていない…なんて経験をした人も多いのでは無いでしょうか?

スポナビライブは放送から1週間以内てあれば、いつでもフル動画を好きな時に見ることができます。WOWOWはレコーダーで録画しておけばOK。

ちなみに、日本時間の24時に試合が行われた2016-2017シーズンのクラシコは、イギリスでテレビ放送がされませんでした。

イギリスではスタジアムの集客を守るため、現地時間の14時45分から17時15分まで(スペイン時間15時45分から18時15分まで)の時間帯にはテレビでサッカーを放送できないルールが定められているためです。

その代わり、アジア諸国・中国にて放送が見やすくなり視聴数が増えます。

テレビ放送一覧

地上波・BS

NHKなどの地上波・BSによる、クラシコ(バルセロナ 対 レアル・マドリード)のテレビ中継はありません。

WOWOW(CS)

クラシコの放送時間は20:30〜開始され、キックオフは21:00になります。

WOWOWは1ヶ月分2,300円の料金がどうしても発生します。オススメではありません。

衛生放送の中でも、クラシコをテレビで中継するのは『WOWOW』です。リーガ・エスパニョーラは、2016年までWOWOWが独占放送していました。2017年は毎節5試合を生中継しています。

※注意点

  • BSアンテナが付いていない場合、工事まで日数が必要なため、その日に視聴を開始することはできません。

※WOWOWのキャンペーンや、お申し込みに関しての詳細は、WOWOW公式サイトをご確認ください。

スカパー!

スカパー!はレアル・マドリード対バルセロナのクラシコを放送していません。

スカパー!にはWOWOWをセット契約するプレミアムサービスというチャンネルがあります。

そのためスカパー!が放送するように記載しているサイトもありますが、実際にはスカパー!を通してWOWOWと契約を行います。単体で契約するよりも料金が高くなります。

最初からWOWOWを契約した方が安く済ませることができます。

ネット放送

2017年12月23日『エル・クラシコ』をインターネットにて放送するサービスをご紹介します。

スポナビライブ|プレミア&リーガ全試合をLIVE中継・録画放送

スポナビライブ』は、10種類以上のスポーツをインターネット中継する、動画配信サービスです。

2017-18シーズンは、スポナビライブを使ってリーガ・エスパニョーラ&プレミアリーグ全試合を見ることができます。

スポナビライブは1ヶ月無料キャンペーンを実施中。レアル 対 バルサ伝統の一戦『クラシコ』を無料で見ることができます。

スポーツのLIVE中継・録画放送(フル動画)・ダイジェスト(ハイライト)・インタビューなどさまざまな動画を、スマホ・タブレット・PCテレビを使って、いつでも見ることができるスポナビライブ。

もし見逃しても録画されており、放送から1週間限定で何度でも見ることができます。

もちろん、最新のスマートフォン(iPhone・Android)・SIMフリー携帯・PC・タブレットにも対応。

動画の画質がFull HD(フルハイビジョン)画質と、全サービスの中で最高画質であることも、最も選ばれている理由になります。

月額料金

携帯会社月額料金
ソフトバンク980円
Yモバイル980円
ドコモ・au・格安SIM1,480円
ドコモ・au・格安SIM
(Yahoo!プレミアム会員)
980円

Yモバイル・Yahoo!プレミアム会員の方は、ソフトバンク携帯と同じく、月額980円で利用可能です。

追っかけ再生

スポナビライブの特徴の一つに『追っかけ再生』があります。

例えば、21:00にキックオフのクラシコですが、スポナビライブで視聴を始めるのは22:00だったとします。

その場合、22:00の試合途中から見てもいいですが、21:00の試合開始から追っかけ配信をみることができます。

リアルタイムで視聴する場合の利便性は高く、スポナビライブを選ぶ理由になっています。

無料期間

スポナビライブは、1ヶ月無料キャンペーンがあり、エル・クラシコを無料で見ることができます。

もし試してみて必要なかったら、無料期間中にやめれば0円ですので、デメリットがありません。
(例:12月23日に申し込みの場合、1月22日まで無料➡︎1月22日に解約➡︎0円)

WOWOWオンデマンド

WOWOWオンデマンドは、WOWOW契約者が無料で利用することができる、インターネット動画配信サービスです。

ご自宅にBSアンテナが無い場合でも、クラシコを生放送で見ることができます。

インターネット中継ですので、外出先から見ることが可能。スマホ・PC・タブレットなど、様々な端末を使ってどこでも視聴可能。

注意点としては、WOWOWオンデマンドは1契約につき、1台までしか視聴ができません。テレビでWOWOWを見ながら、オンデマンドを1台スマホで見ることは可能です。

2017年5月24日にはChromecast(クロームキャスト)にも対応。BSアンテナが無い人が、WOWOWをテレビで見たい場合に利用されます。

また、WOWOWは以下の3チャンネルで構成されています。

  • 191チャンネル(WOWOWプライム)
  • 192チャンネル(WOWOWライブ)
  • 193チャンネル(WOWOWシネマ)

WOWOWはサッカー以外にも映画・ドラマ・音楽ライブなどを放送しています。

DAZN( ダ・ゾーン)

2017-2018シーズンから、DAZNがネット放送でリーガ・エスパニョーラを放送しています。

 DAZNは、基本料金が1,480円で、ドコモ携帯を使っていると980円で利用することができる動画配信サービス。画質はHD画質です。

クラシコの放送が決定しており、F1や格闘技など日本ではあまり放送していないスポーツもライブ中継されています。

■DAZNデメメリット

  • ブンデスリーガを独占放送
  • リーグアン一部試合を放送
  • セリエA一部試合を放送

■DAZNデメメリット

  • プレミアリーグ・リーガ・エスパニョーラは毎節最大5試合(スポナビライブは全試合放送) 
  • 画質がHD画質(スポナビライブはFull HD)   

■公式サイト

2017年|エル・クラシコを無料で見る方法

スポナビライブ』は1ヶ月無料キャンペーン行っているため、エル・クラシコ『レアル・マドリード 対 バルセロナ』を無料で見ることができます。

無料期間がなくなる前に、1度試しにつかってみて、今後も必要かどうか判断すれば良いのです。

もし試してみて必要なかったら、無料期間中にやめれば0円ですので、デメリットがありません。
(例:12月23日に申し込みの場合、1月22日まで無料➡︎1月22日に解約➡︎0円)

スポナビライブ特別放送

スポナビライブでは、クラシコの場合必ず特集が組まれます。

前回のクラシコでは、過去のクラシコ10試合を放送してきました。

今回のクラシコでは、過去のクラシコ6試合と、注目ゲームのハイライト特集が配信されています。

前回と今回のクラシコで放送している試合は全て違う試合です。昨シーズンのクラシコの時にみた人も飽きずに楽しむ工夫がほどこされています。

過去のクラシコを一挙放送

スポナビライブでは、クラシコ直前イベントとして、過去のクラシコ6試合を放送。

厳選された過去の名試合を、一挙放送しています。こちらも放送から1週間以内は何度でも見放題です。

一昔前の試合から昨シーズンの最新試合まで、幅広く放送されています。

■12月16日(火)20:00
2012〜2013/第7節

両チームのエース「メッシvsロナウド」のライバル対決だけでなく、モウリーニョvsルイス・エンリケの監督対決にも注目。

■12月19日(火)15:00
2016〜2017/第14節

2016年12月4日にカンプ・ノウで行われた『バルセロナvs.レアル・マドリード』。MSN絶頂のバルセロナをリーグ首位のレアル・マドリードが迎え撃つ(解説:原博実 実況:倉敷保雄)

■12月21日(木)20:00
2016〜2017/第33節
昨シーズン最後に行われた最後のクラシコ。MSN(メッシ・スアレス・ネイマール)最後のクラシコの勝敗は?
(解説:小澤一郎 実況:倉敷保雄 現地レポート:戸田和幸)

■12月23日(土)17:00
2004〜2005/第31節

シーズン最高の死闘と言われた「豪華攻撃陣の競演」。

銀河系軍団レアル・マドリーはジダン、ベッカム、ロナウド、ラウールに注目。バルサはロナウジーニョ、エトー、シャビ、イニエスタが試合を創ります。

■12月23日(土)18:00
2007〜2008/第36節

ラウール、ロッベン、イグアイン、ファンニステルローイら「荒ぶる白い巨人」が魅せる試合です。

■12月23日(土)19:00
2012〜2013/第7節

通算222回目の開催となったクラシコ。 両チームのエースが魅せる!「メッシvsロナウド」のライバル対決に注目。

■12月23日(土)20:00
直前特番

ロベルト・カルロス(元レアル・マドリード)のインタビューや、 サンティアゴ・ベルナベウ(会場)の現地レポートなどをキックオフの21:00まで放送します。

解説:中山淳 
実況:倉敷保雄 
現地リポート:小澤一郎 
ゲスト:金子達仁
スペシャルゲスト:長澤和輝(浦和レッズ)

■12月23日(土)20:45
2017〜2018/キックオフ21:00(生中継)

バルセロナ対レアル・マドリードのクラシコを生中継。

解説:中山淳 
実況:倉敷保雄 
現地リポート:小澤一郎 
ゲスト:金子達仁
スペシャルゲスト:長澤和輝(浦和レッズ)

過去のハイライト

過去に行われたクラシコのハイライト動画も配信されています。

全盛期のロナウジーニョ・ジダンなど過去に所属した選手や、現在もチームに残る選手の名シーンなどをみることができます。

上記画像は、実際のスポナビライブの画像になります。

実際のスポナビライブ放送画質

実際にスポナビライブで放送した動画の画質です。最高画質のモデルはバルセロナのスアレス。他画質のモデルは、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督になります。

利用しているスマホはiPhone。スマートフォンだけでなく、テレビやパソコンで視聴することも可能です。

Full HD画質

上記スアレスが映る画像は、スポナビライブが実際に放送している『Full HD画質』の画像です。

サッカーに限らず、他の動画配信サービスと比較しても他はHD画質以下、スポナビライブが1番の最高画質です。

テレビに映しても元々の画質が良く、細かい部分の映像もハッキリと確認することができます。

高画質

非常にキレイです。輪郭や顔のパーツまで鮮明に映っています。

標準画質

高画質とほとんど変わらなくキレイに映ります。画面サイズが大きい端末で視聴する場合に差が解ります。

低画質

画質がかなり落ちます。スポナビライブは動画再生の通信容量が大きいことから、外出先では低画質モードで視聴することをおススメします。

2017-18|スーペルコパ対戦成績

2017-18シーズン開幕前には、スーペルコパ・デ・エスパーニャ(通称スーペルコパ)が開催。

『リーガ・エスパニョーラ』と『コパ・デル・レイ』の優勝クラブが、ホーム・アンド・アウェー方式で2試合を対戦します。

偶然にも2017-18シーズンは『バルセロナ 対 レアル・マドリード』のクラシコとなり、レアル・マドリードが2勝。

リーガ・エスパニョーラのクラシコ前哨戦とも言えるこの試合を制しています。

レアル対バルサ|クラシコ注目ポイント

世界最高のゲームが保証された唯一の試合

クラシコは「世界最高のサッカーを見れる」ことが保証されていると言っても過言ではありません。

その理由は、大きく2つあります。

  • 世界各リーグで活躍した選手の最高到達点がこの2クラブであり、最も実力がある選手が集まる
  • 選手のモチベーションが明らかに違う

まず、バルセロナとレアル・マドリードはそもそもサッカー選手にとって憧れのチームです。各国の強豪クラブで活躍したのち、様々な条件がクリアされて始めてチームの一員になることができます。

日本人では、全盛期の香川真司が司令塔エジルの控えとして、レアル・マドリードから誘われたことが1回あるだけです。

他チームでブレイクした選手が、最高クラスの移籍金で集まります。

世界で活躍している最高レベルの選手がそろいますので、試合のレベルも最高レベルで間違いありません。

さらには、選手のモチベーションが違います。

リーグ戦とチャンピオンズリーグ決勝では、選手のモチベーションが違うことは容易に想像できるでしょう。

チャンピオンズリーグ決勝では負けたら終わり。怪我も恐れず激しく削りあい、全てをかけた試合となります。

クラシコはリーグ戦でありながら、チャンピオンズリーグ決勝と同じく全てをかけて戦う試合です。

リーガ・エスパニョーラ優勝に直接影響することだけでなく、選手自身が最大のライバルとの戦いに妥協を許しません。

各チームのキャプテンも勝ち点は関係なく、勝つことへの執念をコメントしています。

2017-18シーズン成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数
1 FCバルセロナ 42 13 3 0
2 アトレティコ・マドリード 36 10 6 0
3 バレンシアCF 34 10 4 2
4 レアル・マドリード 31 9 4 2

アンタッチャブルな関係・禁断の移籍

レアル・マドリードとバルセロナは100年以上前からライバル関係にあります。両クラブが交流を持つことはいつしかタブーとなり、移籍のやり取りはご法度になりました。

このご法度を犯して“禁断の移籍”をした選手は、裏切り者として大きな非難を受けます。

裏切り者のレッテルが貼られ、選手にも身の危険が及ぼすことから近年では『禁断の移籍』は実現していません。

過去に10人以上の禁断の移籍を行なった選手はいますが、最も批判を浴びたのは、監督としてバルセロナを率いていた『ルイス・エンリケ』と『ルイス・フィーゴ』の二人。

共にチームの主軸として活躍していながら、他のチームを経由せず直接移籍したことでサポーターの怒りを買うことになりました。

記憶に新しいのは2000年、ルイス・フィーゴがバルセロナからレアル・マドリーに移籍した一大騒動です。

彼が経営する日本料理店が破壊されたり、クラシコでコーナーキックを蹴ろうとした際にはペットボトル、缶、さらに豚の頭が投げ入れられたりしたことでも有名。

近年では、ネイマールが禁断の移籍を避けるためにPSGに移籍したと言われています。レアル・マドリードのイスコもバルサ移籍の噂が絶えません。

試合だけでなく、12月の移籍市場でもクラシコは行われています。

まとめ

クラシコを無料で見る方法は、テレビ・ネット動画の全ての中で『スポナビライブ』です。

LIVE中継はもちろん、放送から1週間以内であれば録画放送(フル動画)をいつでも見ることができますあ。

もし試して必要なかったら、無料期間内であれば解約したとしても0円なのでデメリットがありません。

無料で見れる機会は次にいつ来るか解らないので、サッカー好きの方は1度試してみることをお勧めします。

※1ヶ月無料のお申し込みはこちらの『スポナビライブ公式サイト』をご確認ください

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*