全仏オープンテニス2017|テレビ放送日程とネット中継【無料】で見る方法

LINEで送る
Pocket

2017年5月28日(日) ~ 6月11日(日)、グランドスラム(4大大会)の1つ『全仏オープン』が開幕しました。

全仏オープンでの優勝は、錦織圭をはじめとした全てのテニス選手が夢見てきた目標です。

2017年の錦織圭は、例年のツアーコースを変更しクレーコートでの連戦を選択。「最も優勝の可能性が高いグランドスラムが全仏オープン!」だと選択し、ベスト8の結果を残しました。

また、2017年に入り復活を果たしたナダルは、テニス史上初のグランドスラム同大会10回目の優勝を達成しました。

本記事では、

  • 全仏オープン大会情報
  • 日程・対戦カード
  • テレビ・ネット放送一覧
  • 全仏オープンを無料で見る方法

以上の内容を中心に全仏オープン・完全ガイドとして、テレビ・ネット放送を120%楽しむために必要な全ての情報を、解説していきます。

有料放送・地上波・BSでは、全仏オープンを1回戦から決勝まで無料で見ることはできません。

無料で見ることが出来るのはWOWOW』だけです。

もし決勝戦などを見逃した人も、フル動画を見ることができます。

スポンサードリンク


目次

全仏オープンテニス(ローラン・ギャロス)とは?

引用|https://www.instagram.com/rolandgarrosjp/

全仏オープンは、プロテニス界の最高位グランドスラム(4大大会)に位置する国際大会。グランドスラムで唯一、クレーコート(赤土)で行われる大会です。

会場はローラン・ギャロス。海外で全仏オープンは一般的に、ローラン・ギャロストーナメントと呼ばれています。

そしてローラン・ギャロスには「魔物がひそむ」と言われています。その正体は赤土の王者ナダルです。

その圧倒的な強さから、2000年代最強フェデラーとジョコビッチが「キャリアグランドスラム達成」する最大の障壁として君臨し続けてきました。

大会の歴史

1891年に「フランス選手権」というフランス人の男子選手のみが参加する大会としてスタートした全仏オープン。

6年後に女子部門も創設されると、1925年には「フランス国際大会」として、全世界の選手が参加できる大会として改められました。

そして1927年、国別対抗戦のデビスカップでフランスが、当時7連覇中だったアメリカを敵地で撃破。これを機にテニス界の覇権はフランスへと移り、フランス連盟は母国で覇権を守るべく、それにふさわしい場所として現在のローラン・ギャロスを設立しました。

1968年、グランドスラム(4大大会)のなかで初めてオープン化された大会です。

なお、「ローラン・ギャロス」という名は、世界で初めて地中海横断飛行に成功したフランス人パイロットの名前に由来。全仏オープンは、場内アナウンス、審判のコールその他は全てフランス語で行われます。

グランドスラム唯一屋根が無い大会

グランドスラム唯一のクレーコート大会であり、唯一屋根が無い会場で行われる全仏オープン。この環境は、時に勝敗を大きく左右します。

雨が降った場合、コート一面に雨よけが用意されますが、それでもコートは雨を吸います。コートが吸った雨をボールが吸い、ボールが重くなります。

実際に錦織圭は、2016年ガスケとの4回戦の最中、雨によりボールが重くなった事でウィナーが取れなくなり敗退。クレーコートは自然との戦いでもあるという事です。

2017年|全仏オープン大会概要

引用|https://www.instagram.com/rolandgarrosjp/

2017年全仏オープンの大会概要です。

正式名称 全仏オープン(French Open)
通称 ローラン・ギャロス・トーナメント
グレード グランドスラム
日程 2017年 5月28日 ~ 6月11日
開催場所 フランス/パリ
会場 スタッド・ローラン・ギャロス
時差 7時間(日本が進んでる)
ドロー シングルス128 ダブルス64
サーフェス クレーコート
冠スポンサー BNP PARIBAS
公式HP 全仏オープン公式サイト

優勝賞金・ポイントは以下の通りです。

獲得ポイントは他のグランドスラムと同じポイント数です。賞金に関しては大会ごとに違い、2017年の全仏オープン賞金総額は、12%UPの3600万€になる事が5月26日に発表されました。

順位 ポイント 賞金
優勝 2,000pt €2,100,000
(2億6,250万円)
準優勝 1,200pt €1,060,000
(1億3,250万円)
ベスト4 720pt €530,000
(6,625万円)
ベスト8 360pt €34,000
(4,250万円)
4回戦 180pt €20,000
(2,500万円)
3回戦 90pt €11,800
(1,475万円)

※記事掲載時の1ユーロ125円換算、千円単位以下は切り捨て

日程・対戦カード

2017年 5月28日 ~ 6月11日に開催される全仏オープンの大会日程です。開始時間は、日本時間を記載しています。

対戦カードは前日に決定するため毎日更新。目の対戦カードは、黄色いマークで示しています。

1回戦 〜 4回戦

日程 開催時間(日本時間)
5/28 日 
(1回戦)

18:00|A.ラモス vs. M.コピル
20:00|ダニエル太郎 vs. J.ヤノビチ
22:00|D.ティエム vs. B.トミック
22:00|G.ディミトロフ vs. S.ロベール
24:00|S.ジョンソン vs. 杉田祐一
24:00|L.プイユ vs. J.ベネトー

 5/29 月
(1回戦)
18:00|M.ラオニッチ vs. S.ダルシス
20:00|N.ジョコビッチ vs. M.グラノリェルス
20:00|D.ゴフィン vs. P.マチュー
20:00|R.ナダル vs. B.ペア
22:00|M.チリッチ vs. E.ガルビス
24:00|A.ズベレフ vs. F.ベルタゴス
 5/30 火
(1回戦)
18:00|N.キリオス vs. S.ダルシス
20:00|S.ワウリンカ vs. J.コバリク
20:00|錦織圭 vs. T.コッキナキス
21:00|A.マリー vs. A.グズネツォフ
21:00|J.ツォンガ vs. R.オリボ
24:00|G.モンフィス vs. D.ブラウン
5/31 水
(2回戦)
18:00|D.ゴフィン vs. S.スタホフスキ
18:00|D.ティエム vs. S.ボレリ
20:00|N.ジョコビッチ vs. J.ソウザ
22:00|ダニエル太郎 vs. P.カレノブスタ
22:00|M.ラオニッチ vs. R.ドゥトゥラシルバ
22:00|R.ナダル vs. R.ハーセ
 6/1 木
(2回戦)
20:00|S.ワウリンカ vs. A.ドルゴポロフ
20:00|A.マリー vs. M.クリザン
20:00|錦織圭 vs. J.シャルディー
20:00|Jデルポトロ vs. N.アルマグロ
22:00|G.モンフィス vs. T.モンテイロ
24:00|F.ベルダスコ vs. P.エルベール
 6/2 金
( 3回戦)
18:00|D.ゴフィン vs. H.セバジョス
18:00|G.ディミトロフ vs. P.カレノブスタ
20:00|M.ラオニッチ vs. G.ガルシアロペス
20:00|D.ティエム vs. S.ジョンソン
20:00|R.ナダル vs. N.バシラシビリ
22:00|N.ジョコビッチ vs. D.シュワルツマン
 6/3 土
(3回戦)
18:00|M.チリッチ vs. F.ロペス
20:00|錦織圭 vs. C.ヒョン
20:00|A.マリー vs. J.デルポトロ
20:00|J.イスナー vs. K.カチャノフ
22:00|S.ワウリンカ vs. F.フォニーニ
22:00|G.モンフィス vs. R.ガスケ
 6/4 日
(4回戦)
18:00|錦織圭 vs. C.ヒョン(続き)
18:00|G.モンフィス vs. R.ガスケ(続き)
20:00|R.ナダル vs. R.バウティスタ
20:00|M.ラオニッチ vs. P.カレノブスタ
24:00|N.ジョコビッチ vs. A.ラモス
24:00|D.ティエム vs. H.セバジョス
 6/5 月
(4回戦)
20:00|A.マリー vs. K.カチャノフ
20:00|錦織圭 vs. F.ベルダスコ
22:00|S.ワウリンカ vs. G.モンフィス
22:00|M.チリッチ vs. K.アンダーゾン

準々決勝 〜 決勝

日程 開催時間(日本時間)
6/6 火
(準々決勝)
23:00|N.ジョコビッチ vs. D.ティエム(延期)
23:00|R.ナダル vs. P.カレノブスタ(延期)
6/7 水 
(準々決勝)
18:00|N.ジョコビッチ vs. D.ティエム
18:00|R.ナダル vs. P.カレノブスタ
23:00|錦織圭 vs. A.マレー
23:00|S.ワウリンカ vs. M.チリッチ
6/8 木
(準決勝)
18:55 |ミックスダブルス決勝
21:45|女子シングルス準決勝
6/9 金
(準決勝)
17:00|車いす男女シングルス準々決勝
19:45|S.ワウリンカ vs. A.マレー
22:30|R.ナダル vs. D.ティエム
6/10 土
(決勝)
17:00|車いす男女シングルス準決勝
22:00|S.ハレプ vs. J.オスタペンコ
24:00|男子ダブルス決勝
6/11 日
(決勝)
14:00|車いす男女シングルス決勝
21:45|R.ナダル vs. S.ワウリンカ

テレビ東京は一部の試合を放送。上記試合のほぼ全てはWOWOWでの放送となります。

男女シングルス優勝者2010〜2016

引用|https://www.instagram.com/rolandgarrosjp/

2016年の前回大会は、ジョコビッチとマレーの決勝で、ジョコビッチが優勝しました。

ラファエル・ナダルは2005年〜2012年までに9回優勝。72勝2敗とクレーコートでの圧倒的な強さを見せつけ、2017年はテニス史上初のグランドスラム10回目の優勝を目指ます。

優勝者がコートのスペシャリストにここまで偏る大会は他にありません。

そんな中でも2009年のフェデラー、2015年のワウリンカ、2016年はジョコッビッチが優勝を勝ち取り、フェデラーとジョコビッチは生涯グランドスラムを達成しました。

男子 女子
2016 セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ スペインの旗 ガルビネ・ムグルサ
2015 スイスの旗 スタン・ワウリンカ アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ
2014 スペインの旗 ラファエル・ナダル ロシアの旗 マリア・シャラポワ
2013 スペインの旗 ラファエル・ナダル アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ
2012 スペインの旗 ラファエル・ナダル ロシアの旗 マリア・シャラポワ
2011 スペインの旗 ラファエル・ナダル 中華人民共和国の旗 李娜
2010 スペインの旗 ラファエル・ナダル イタリアの旗 フランチェスカ・スキアボーネ

決勝|ラファエル・ナダル 史上初10回目の優勝へ

「ローランギャロスには魔物が潜む」

5連覇を含む9度の全仏オープン制覇。勝率97%。通算成績72勝2敗の、ラファエル・ナダルの圧倒的な強さを証明する実績です。

全仏での優勝を目指す全テニス選手、生涯グランドスラムを目指すフェデラー・ジョコビッチ・マレーなどの2000年代最強の選手をことごとく打ち破り、キャリアグランドスラム最大の障壁となっている事からそう言われるようになりました。

2009年、ロビン・セーデリングに負けた時は、フェデラーが優勝し生涯グランドスラムを達成。2015年にはジョコビッチに敗退。2016年は3回戦で左手首の怪我により棄権しました。

30歳という年齢とプレースタイルから、本来の強さを取り戻すのは不可能と思われていました。

そんな不安の中、2017年のATPワールドツアーが開幕。

長期休暇から空けたナダルは、世間の予想をはるかに上回り、フェデラーと表彰台を独占しています。まるで何年か前に戻ったかのように。

2017年は本来のナダルが帰還。ワウリンカとの決勝に勝てば、テニス史上初のグランドスラム10勝が実現します。

ラファエル・ナダルは、毎年この大会中の6月3日に誕生日をむかえることで「ローラン・ギャロスの申し子」とも言われています。

テレビ放送一覧

全仏オープンテニスの地上波・BS・有料放送のテレビ放送一覧です。

2017年の全仏オープンを放送するのは、テレビ東京とWOWOWです。

テレビ東京(地上波・BS)

地上波・BSの中で、全仏オープンをテレビで放送するのは「テレビ東京」です。

NHK、テレビ朝日、フジテレビなどでは放送しません。

■放送予定

テレビ東京は全仏オープンを放送。世界卓球と同時開催のため放送枠は限られます。

番組表を見る限り、大会初週は1週間で1.2試合程度。錦織圭の試合は生放送、もしくはそれに近い形で放送するとしています。

決勝戦はWOWOWと比較して約1時間遅れで放送開始です。

日程 時間 内容
5月28日(日) 16:00 世界卓球×全仏オープンテニス 開幕スペシャル
5月31日(水) 11:35 世界卓球×全仏テニス ハイライト
6月1日(木) 11:35 世界卓球×全仏テニス ハイライト
6月2日(金) 11:35 世界卓球×全仏テニス ハイライト
6月3日(土) 11:03 世界卓球×全仏テニス ハイライト
6月11日(日) 25:05 決勝
ラファエル・ナダル VS スタン・ワウリンカ

【メインキャスター】滝川クリステル
【キャスター】小島秀公(テレビ東京アナウンサー)
【解説】竹内映二(元デビス杯日本代表監督)
【実況】植草朋樹(テレビ東京アナウンサー)

※放送予定の詳細は、テレビ東京公式サイトをご確認ください。

■放送エリア

引用|wikipedia

テレビ東京の放送地域の他に、TXN系列局を使って放送地域を拡大。上記地図で青くなっている地域で視聴が可能です。

それでも放送地域は限られています。

WOWOW(ワウワウ)

全仏オープンを放送するのはWOWOWです。

「シングルス」「ダブルス」は6月14日の再放送以外、全てライブ中継。テレビ・WOWOWオンデマンドで、ほぼ全ての試合を放送しています。

■e割・無料放送

WOWOWには1ヶ月の無料期間があります。

インターネット申し込みの場合「e割」という割引が適用。初月料金が2,300円から1,800円に割引となります。

以前は申し込みから手続きや工事など、テレビ視聴できるまで時間がかかりました。現在はインターネットの普及により、申し込み後すぐに自宅のテレビで視聴できるようになります。

他にも5月28日の大会初日は無料放送が配信され、誰でも全仏オープンを見る事ができます。

詳細は、WOWOW 公式サイトをご確認ください。

■放送予定

対戦カードなどの詳細は、本記事上部に記載の日程をご確認ください。

月日 時間 放送内容
5/28(日) 17:30 シングルス1回戦
21:00 シングルス1回戦
5/29(月) 17:55 シングルス1回戦
24:00 シングルス1回戦
5/30(火) 17:55 シングルス1回戦
24:00 シングルス1回戦
5/31(水) 17:55 シングルス2回戦
24:00 シングルス2回戦
6/1(木) 17:55 シングルス2回戦
24:00 シングルス2回戦
6/2(金) 17:55 シングルス3回戦
24:00 シングルス3回戦
6/3(土) 17:55 シングルス3回戦
24:00 シングルス3回戦
6/4(日) 17:55 シングルス4回戦
24:00 シングルス4回戦
6/5(月) 17:55 シングルス4回戦
24:00 シングルス4回戦
6/6(火) 20:55 シングルス準々決勝
6/7(水) 20:55 シングルス準々決勝
6/8(木) 18:55 ミックスダブルス決勝
21:45 女子シングルス準決勝
6/9(金) 17:00 車いすシングルス準々決勝
19:50 男子シングルス準決勝
6/10(土) 17:00 車いすシングルス準決勝
21:45 女子シングルス決勝
男子ダブルス決勝
6/11(日) 14:00 車いすシングルス決勝
18:55 女子ダブルス決勝
21:45 男子シングルス決勝
6/14(水) 15:30 車いす女子シングルス決勝
16:30 車いす男子シングルス決勝
17:30 女子シングルス決勝
19:00 男子シングルス決勝

■特集・ハイライト

月日 時間 番組名
5/27(土) 17:10 現地発!全仏テニス最新情報
21:00 錦織圭 世界の頂点へ!
全仏オープンテニス開幕直前スペシャル!
5/29(月)

6/12(月)
要確認 デイリーナビ!全仏テニス(無料)

インターネット放送一覧(WOWOWオンデマンド)

インターネット放送や動画配信サービスの中で、全仏オープンを1回戦〜決勝まで見ることができるのは、WOWOWオンデマンドだけです。

インターネット中継ですので、外出先から見ることが可能。スマホ・PC・タブレットなど、様々な端末を使ってどこでも視聴する事ができます。

WOWOWオンデマンドを視聴するためには、WOWOWの契約が必要です。

また、テレビではチャンネル数が限られていますが、WOWOWオンデマンドなら4試合まで同時放送出来るため、放送している試合数が非常に多いです。

メリット・デメリット

他の地上波・BS・衛星放送・動画配信サービスと比較した際の、WOWOWのメリットとデメリットです。

メリット

  • グランドスラム(全4大会)を放送
  • 日本人やランキング上位選手の試合を中心にライブ中継
  • 女子テニス(WTA)も放送
  • WOWOWオンデマンドを使って外出先から視聴可能
  • スマホ・PC・テレビ・タブレットで視聴可能
  • 録画可能
  • 映画・音楽ライブなど他の番組も見れる

デメリット

  • グランドスラム以外のテニス放送が無い

WOWOWはグランドスラム以外に、マスターズなどのATPワールドツアーの放送が有りません。そのため1ヶ月後に解約する方が多いです。

テニスだけ視聴したい方は、解約と新規加入を繰り返している方が多いです。

詳細は、WOWOW 公式サイトをご確認ください。

【重要】WOWOWオンデマンドは同じ時間の3試合を視聴可能!

WOWOWは以下の3チャンネルで構成されています。

  • 191チャンネル(WOWOWプライム)
  • 192チャンネル(WOWOWライブ)
  • 193チャンネル(WOWOWシネマ)

WOWOWはテニス以外にも映画・ドラマなどを放送。全仏オープンは192チャンネル(WOWOWライブ)で連日ライブ中継を行なっています。

しかし、全仏オープンは同じ時間帯に複数の試合が行われているため、1チャンネルでは足りません。

「錦織圭の試合がテレビでは放送されているけど、本当は同じ時間帯のジョコビッチの試合が見たい!」なんて事も考えられます。

同じ時間に行われている複数の試合は『WOWOWオンデマンド』で見ることができます

WOWOWオンデマンドとは?

WOWOWオンデマンドは、WOWOW契約者が無料で利用することができる、インターネット動画配信サービスです。

全仏オープンは、第1・2・3コートを中心に試合が行われます。WOWOWオンデマンドでは、この3つのコートを全てライブ中継しているため、見たい試合を見ることができるのです。

注意点としては、WOWOWオンデマンドは1契約につき、1台までしか視聴ができません。テレビでWOWOWを見ながら、オンデマンドを1台スマホで見る事は可能です。

5月24日にはChromecast(クロームキャスト)にも対応したため、オンデマンドしか放送しない試合を、テレビの大画面で見ることができます。

錦織圭が出場!全英オープンも一緒に見れる

WOWOWは、7月に開催されるウィンブルドン(全英オープン)を放送。6月に申し込んだ場合、6月は1ヶ月無料、7月は1ヶ月分1,800円が発生します。

つまり、1ヶ月分の料金で「6月全仏オープン」「7月ウィンブルドン(全英オープン)」を見ることができるお得な時期なのです。

BSアンテナが無くても、WOWOWで全仏オープンを見る方法

BSアンテナが無い場合は、WOWOWオンデマンドで視聴します。スマホ・PC・タブレットさえあれば即視聴が可能です。

全スポーツで言える事ですが、スポナビライブ(全仏の放送は無し)でテニス中継が流行っている通り、アンテナは設置せずスマホ・PCで見る人が非常に増えています。

BSアンテナを新設する場合は、設置まで最短3営業日ほど時間が必要になります。申し込んでからアンテナ設置までの間、試合が見れないため、WOWOWオンデマンドの放送を見れば良いのです。 

全仏オープンを無料で見る方法

『WOWOW』では、全仏オープンを無料で見る事ができます。

WOWOWは初月無料キャンペーンを行っており、無料期間に全仏オープンを見る事ができます。(6月5日に申し込んだ場合、6月30日まで)

無料期間中には解約ができないため、2ヶ月目の1,800円は払う必要があります。つまり1ヶ月分の料金で2ヶ月間WOWOWを視聴します。

テニス以外にも映画や音楽ライブなど、様々なチャンネルを見る事ができます。

もし試して必要なければ、解約しても違約金などその他費用は一切かかりません。再加入しても1ヶ月無料が適用されます

無料期間があるうちに、1度試しに使ってみる事をお勧めします。

ネットから申し込みをしないとe割適用1,800円ではなく、月額2,300円となるためご注意ください。

7月にはウィンブルドンが開催。全仏オープンと一緒に翌月のウィンブルドンを見ることができる、年に1回のお得な加入時期が今なのです。

出場選手

男子世界ランキングトップ30の選手には出場義務があり、揃って全仏オープンに出場。不参加の選手には斜線を引いておきました。

他にも、予選から勝ち上がった16名、ワイルドカード(主催者推薦)ラッキールーザー(欠員による繰り上げ出場)の選手を合わせ、合計128名の選手が出場します。

男子世界ランキング 5月22日時点

順位 選手名 ポイント
1 アンディ マリー 10,370
2 ノバク ジョコビッチ 7,445
3 スタン ワウリンカ 5,445
4 ラファエル ナダル 5,375
5 ロジャー フェデラー 5,035
6 ミロシュ ラオニッチ 4,360
7 ドミニク ティエム 4,145
8 マリン チリッチ 3,765
9 錦織 圭 3,560
10 アレキサンダー ズベレフ 3,150
11 ダビド ゴフィン 3,055
12 グリゴル ディミトロフ 2,900
13 ジョーウィルフリード ツォンガ 2,870
14 トマーシュ ベルディハ 2,780
15 ジャック ソック 2,415
16 ガエル モンフィス 2,365
17 ルーカス プイユ 2,320
18 ロベルト バウティスタ 2,155
19 ニック キリオス 2,155
20 アルベルト ラモス 2,065
21 パブロ カレノブスタ 2,045
22 ジョン イスナー 2,020
23 パブロ クエバス 1,865
24 イボ カロビッチ 1,820
25 リシャール ガスケ 1,605
26 スティーブ ジョンソン 1,565
27 ジレ ミュラー 1,530
28 サム クエリー 1,470
29 ファビオ フォニーニ 1,350
30 フアンマルティン デルポトロ 1,305

引用|http://sportsnavi.ht.kyodo-d.jp

世界ランキング TOP30の選手には出場義務が有る

2017年の世界ランキング30位以内の選手は、以下の大会に出場義務があります。

  • グランドスラム(全4大会)
  • ATP Masters 1000(モンテカルロを除く全9大会中8大会)
  • ATP World Tour 500(全11大会中4大会)

フェデラー・シャラポワが欠場

フェデラーは2016年大会に引き続き、2017年の全仏オープンも欠場しました。ランキング30位以内でも、ある一定の条件を満たせば、大会のポイント換算0を回避した上で欠場する事ができます。

女子シングルスでは、全仏オープンテニスを2度優勝しているシャラポワが欠場。ワイルドカードでの出場が期待され話題になりましたが、実現できませんでした。

日本人の出場選手

■男子

  • 錦織圭
  • 杉田祐一
  • ダニエル太郎

■女子

  • 土居美咲
  • 大坂なおみ
  • 奈良くるみ
  • 尾崎里紗
  • 日比野菜緒

ドロー・トーナメント表

2017年大会のドロー・トーナメント表がです。トーナメント表A・Bの勝者と、C・Dの勝者が準決勝で対戦。その勝者が決勝で戦います。

全仏オープン2017 ドロー・トーナメント表 A

引用|http://mushimegane-net.com/20170525/

全仏オープン2017 ドロー・トーナメント表 B

引用|http://mushimegane-net.com/20170525/

全仏オープン2017 ドロー・トーナメント表 C

引用|http://mushimegane-net.com/20170525/

全仏オープン2017 ドロー・トーナメント表 D

引用|http://mushimegane-net.com/20170525/

全仏オープンテニスのドロー・トーナメント表です。虫眼鏡.netから引用しています。

錦織圭の全仏オープンをドローから徹底解説

錦織圭が全仏オープンテニスを優勝する為には、いいドローに入りました。

当サイトでは「ランキング通りに順当に勝ち進んだら」というような簡単な説明ではなく、実際の直近の選手の実績や、プレー内容を加味した上で、ポイントを紹介していきます。

Point 1|ナダルとは決勝まで当たらない

まず全仏を勝ち上がるにあたって最も重要な事は、ナダルとは別の山に入る事です。ナダルは全仏オープンでの勝率が97%とこれまで2回しか負けたことがありません。

錦織も負ける可能性がある為、上位に入り込むにはナダルに当たらない事が大前提です。

Point 2|錦織圭はマレーと同じ山

錦織圭は、トップハーフのマレーの山に入りました。

マレーは2017年に入り不調が続いており、トップシードに入るジョコビッチ・ワウリンカ・ナダルと比較した時に最も勝つ可能性が高い相手の山に入れたと考えて良いでしょう。

ジョコビッチも同じく不調ですが、直近のローマ・マスターズ準決勝で、ついに本来の強さを発揮。2017年唯一ナダルに勝ったティエムを、59分という時間で圧勝しました。

「試合を支配する」ジョコビッチ復活の兆しが見え隠れする為、対戦するのは危険です。復活すれば優勝候補No.2でしょう。

Point 3|マスターズ優勝!A.ズベレフと4回戦で対戦!?

錦織最初の大一番はA.ズベレフとの4回戦です。

ローマ・マスターズ準決勝でティエムに圧勝したジョコビッチを、その決勝で撃破。

20歳でのマスターズ優勝というジョコビッチに次ぐ記録を樹立したのが、4回戦で試合する可能性が高いアレキサンダー・ズベレフ(愛称ミーシャ)です。

ズベレフは「将来のテニス界を背負う男」と、ナダルなどのトップ選手から言われており、錦織よりも早くマスターズ初優勝を果たしました。

しかし、その決勝はズベレフがジョコビッチを倒したという物ではなく、ジョコビッチが自ら倒れた試合でした。

アンフォースドエラー27回、サーブも1stが全く入らず、2ndサーブのポイント獲得率は約50%程度。ズベレフの強さに押されてミスをさせられたという内容でもなく自滅が目立ちました。

ズベレフは世界ランキング10位であり、錦織9位と1つしか変わりません。ローマ・マスターズ優勝の勢いに、怪我明けの錦織が勝てるか?という疑問も湧くかもしれませんが、ランキング以上に錦織の壁は大きいです。

本来の力を出せば、ズベレフ相手でも錦織圭が必ず勝利します。 

ズベレフが1回戦で対戦する、ベルダスコが勝ち上がった方が錦織は大変でしょう。ズベレフに勝つ可能性は十分あります。

ベルダスコと錦織は、2016年の全仏オープン3回戦でも対戦しており、フルセットの末勝利。クレーコートを得意とする元世界タンク7位のスペイン人選手です。

その後はマレーとの準々決勝。準決勝はワウリンカの可能性が高いですが、モンフィスやツォンガといった地元フランス勢の可能性もあります。

そして決勝はナダルといった順番で対戦していく事になりそうです。

Point 4|左手首の怪我からの復帰

2017年、錦織圭は左手首を負傷。その為クレーコートでの連戦は無理をせず、調整しながらの参加となりました。

それも全ては全仏オープンのため。調整のために急遽出場したジュネーブオープンでも問題は無かったため、全仏での活躍が期待できます。

女子シングルス・車椅子もWOWOWで放送!

出典|http://wonderbridge.net/

WOWOWでは、全仏オープンの女子シングルス・車椅子も放送します。

女子シングルでは、土居美咲、大坂なおみを中心とした日本人が5名が本戦に出場。日本人選手の試合中心に放送されます。

車椅子テニスは、グランドスラムならではの試合です。少し知名度は低いかもしれませんが、車椅子テニスにおいては日本は先進国です。

男子では、世界ランキング1位の国枝 慎吾選手、女子では世界ランキング2位の上地 結衣戦選手が活躍しています。今の男女世界ランキングに当てはめた場合、マレーとセリーナ・ウィリアムズが日本人選手として活躍しているのと同じです。

ラファエル・ナダル|史上初10回目の優勝へ

「良い時もあれば悪い時もある。でも人生は続く。僕のキャリアもね。流れを変えるためこれまで以上に練習を重ね進み続けるだけさ」

「2009年に負けた時も終わりじゃなかった。2015年にも負けたけど終わりじゃない。これまで以上に努力して、もっと強くなって戻ってくるよ」

2015年からの不調に苦しんだ中、2016年の全仏オープンに挑む際のナダルのコメントです。しかし2016年の全仏では左手首の怪我により3回戦で棄権。その後シーズンを早々と切り上げ、怪我からの復帰に専念しました。

2017年、本来の強さを取り戻した「KING OF CLAY ラファエル・ナダル」が、ローランギャロスで復活を果たします。

復活!赤土の王者ラファエル・ナダル

2017年ATPワールドツアー開幕時には「フェデラーとナダルの時代は終わった」誰もがそんな言葉を口にしていました。

しかし蓋を開けてみればフェデラーとナダルは大復活。圧倒的な強さからハードコートではフェデラー。クレーコートではナダルが表彰台を独占しています。

ナダルは身体的な問題だけでなく、その闘志あふれるプレースタイルから、精神的に同じ水準まで戻すのは難しいとも言われていました。

ナダルは、この精神面も変わりません。もしくは今まで以上に闘志あふれるプレーを見せてくれている事が、ファンを魅了している理由かもしれません。

一戦一戦をグランドスラム決勝のように向き合い、全力でプレーする「本来のナダル」は健在です。

2017年のここまでのハードコートの成績は、19勝5敗で勝率79.2%。昨年の全仏オープン開催時は66.7%だった為、数字の面から見ても復活を遂げたと言ってもいいでしょう。

クレーコートでは完全に復活。連戦の疲れもあり、イタリア国際でティエムに負けた以外は全ての試合に勝利を納めトロフィーを独占しています。

ジョコビッチ・マレーとの直接対決がないという不安要素には、マドリードオープン準決勝でジョコビッチに勝つ事で、不要な心配であった事を証明しました。

そしてついに訪れた2017年の全仏オープン決勝。「ローランギャロスの魔物」と言われたナダルが、真価を発揮します。

史上初10回目の優勝

全仏オープンでは過去9回の優勝を誇るナダル。大会史上最多の自身の優勝記録を更に伸ばし、テニス史上初の同一グランドスラム10回の優勝という偉大な記録を目指します。

2017年のナダルは、モンテカルロマスターズ、バルセロナオープンでも10回目の優勝を達成。全仏オープンを含む3つの大会で、10回目の優勝(ラ・デシマ)を狙います。 

まとめ

2017年全仏オープンの放送を、1回戦〜決勝まで見る事が出来るのは、テレビ・ネット動画全ての中で『WOWOW』だけです。

テレビ東京が放送されていなかったり、放送内容が少なく物足りないという方は多く、全仏オープンを視聴するにはWOWOWが必要です。

※1ヶ月無料のお申し込みは『WOWOW 公式サイト』をご確認ください

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*