プロ野球オープン戦2017|テレビ・ネット中継一覧と【無料】見る方法−放送日程も!

LINEで送る
Pocket

※プロ野球2017|公式戦のテレビ・ネット中継を無料で見る方法はこちら

2017年の公式戦も、オープン戦と同じ方法で視聴する事ができます。

2017年2月25日、プロ野球オープン戦が開幕しました。

オープン戦は、プロ野球のシーズン開幕前にセ・リーグとパ・リーグが合同で行うプレシーズンマッチです。

セ・パ両リーグ間の交流試合が積極的に実施され、シーズン中には見られないチーム同士が対戦。

本記事はプロ野球全12球団の『オープン戦完全ガイド』として、

  • オープン戦情報(日程・場所・注目ポイント)
  • 全12球団テレビ・ネット中継一覧とおすすめ視聴方法
  • オープン戦を無料でみる方法

以上の内容を中心に、徹底的に解説していきます。

また、2016年までのオープン戦は、地上波・BSの中継は無く、スカパー!の有料放送をテレビで見る方法が主流でした。

スカパー!などがライブ中継しているオープン戦を、無料で見たいと思ったことはありませんか?

2017年3月のオープン戦、3月31日からの開幕するシーズン公式戦は『スポナビライブ』を使ったインターネット中継で、簡単に全12球団の試合を『無料』で見ることができます。

もしLIVE中継を見逃しても、1週間以内であれば録画されたフル動画を見ることが可能。スポナビライブはPC・スマホ・TV・タブレットで視聴する事ができます。

2017年のプロ野球中継は、『スポナビライブ』『スカパー!』が主流になります。新しい視聴方法をチェックしてください。

スポンサードリンク


プロ野球 オープン戦とは?

日本のプロ野球オープン戦は、2017年3月31日の公式リーグ戦開幕前に行われる、セ・パ両リーグ間の交流試合の事を示しています。

プレシーズンマッチとも呼ばれ、本来シーズン前の調整を目的としたものでしたが、現在は開幕一軍をかけたサバイバルレース化。オープン戦でしっかり結果を残すことがチーム・選手ともに求められ、順位表も全12球団で1〜12位までを争います。

2月はキャンプが行われる野球場で開催され、その後3月に入って本拠地球場、あるいは一軍公式戦が余り行われない地方都市の野球場で行うケースが多いと言われています。

また、通常パ・リーグのみで実施されている指名打者制(DH)は自由に採用が可能。セ・リーグのチームでも序盤は指名打者制を採用していることが多く、野手の選手に打撃をアピールするチャンスを与えています。

延長戦は殆ど行わず、9回での打ち切りとされることが多いです。

セ・パリーグ12球団が違うリーグのチームと最も多く対戦する機会は、3月のオープン戦です。

2017年|全12球団オープン戦の日程一覧

2017年プロ野球オープン戦の日程一覧。全12球団の公式HP情報のまとめです。

前半戦(2月25日〜3月12日)

引用|http://npb.jp/preseason/2017/

■2月25日(土)
13:00|日本ハム – 阪神(名 護)
12:30|中日 – 広島(北 谷) 
13:00|ヤクルト – ロッテ(浦 添)
13:00|巨人 – DeNA(那 覇) 

■2月26日(日)
13:00|中日 – 阪神(北 谷)
13:00|ヤクルト – 広島(浦 添) 
13:00|巨人 – ロッテ(那 覇) 

■3月1日(水)
18:00|日本ハム – 中日(札幌ドーム)

■3月2日(木)
18:00|日本ハム – 中日(札幌ドーム)

■3月4日(土)
13:00|楽天 – DeNA(倉 敷) 
13:00|ヤクルト – ソフトバンク(鹿児島)
14:00|日本ハム – 巨人(札幌ドーム) 
14:00|中日 – ロッテ(ナゴヤドーム) 

3月5日(日)
13:00|日本ハム – 巨人(札幌ドーム) 
13:00|楽天 – DeNA(倉 敷)
13:00|阪神 – 広島(甲子園) 
13:30|ソフトバンク – ヤクルト(北九州) 
14:00|中日 – ロッテ(ナゴヤドーム)

3月7日(火)
13:00|中日 – 巨人(小 牧) 
13:00|阪神 – ヤクルト(甲子園)
13:00|楽天 – ロッテ(倉 敷)
18:00|ソフトバンク – 日本ハム(ヤフオクドーム)

3月8日(水)
13:00|中日 – 巨人(岡 崎)
13:00|阪神 – ロッテ(甲子園)
13:00|オリックス – DeNA(ほっと神戸)
13:00|楽天 – ヤクルト(倉 敷)
13:00|広島 – 西武(マツダスタジアム)
18:00|ソフトバンク – 日本ハム(ヤフオクドーム)

3月9日(木)
13:00|阪神 – ロッテ(甲子園)
13:00|オリックス – DeNA(姫 路)
13:00|楽天 – ヤクルト(倉 敷)
13:00|広島 – 西武(マツダスタジアム)
18:00|ソフトバンク – 日本ハム(ヤフオクドーム)

3月10日(金)
13:00|オリックス – 巨人(ほっと神戸) 

3月11日(土)
13:00|DeNA – ロッテ(横 浜) 
13:00|阪神 – 西武(甲子園) 
13:00|オリックス – 巨人(ほっと神戸)
13:00|日本ハム – 楽天(丸 亀) 
13:00|広島 – ヤクルト(福 山)
13:00|ソフトバンク – 中日(ヤフオクドーム)

3月12日(日)
13:00|DeNA – ロッテ(横 浜)
13:00|阪神 – 巨人(甲子園) 
13:00|オリックス – 西武(京セラ)
12:30|楽天 – 日本ハム(倉 敷) 
13:00|広島 – ヤクルト(マツダスタジアム) 
13:00|ソフトバンク – 中日(ヤフオクドーム)

後半戦(3月13日〜3月26日)

引用|http://npb.jp/preseason/2017/

■3月14日(火)
13:00|西武 – 中日(メットライフ) 
13:00|ロッテ – ヤクルト(ZOZOマリン)
13:00|楽天 – 広島(明 石)
13:00|ソフトバンク – 巨人(長 崎)
18:00|阪神 – オリックス(京セラ)
18:00|日本ハム – DeNA(札幌ドーム)

■3月15日(水)
13:00|西武 – 中日(メットライフ) 
13:00|ヤクルト – ロッテ(神 宮)
13:00|楽天 – 広島(静 岡) 
18:00|オリックス – 阪神(京セラ) 
18:00|ソフトバンク – 巨人(ヤフオクドーム)
18:00|日本ハム – DeNA(札幌ドーム)

■3月16日(木)
18:00|日本ハム – DeNA(札幌ドーム)
13:00|楽天 – 広島(静 岡)
18:00|ソフトバンク – 巨人(ヤフオクドーム) 

■3月17日(金)
13:00|ヤクルト – オリックス(神 宮) 
13:00|中日 – 阪神(ナゴヤドーム) 

■3月18日(土)
13:00|西武 – ソフトバンク(メットライフ) 
13:00|ロッテ – 巨人(ZOZOマリン)
13:00|ヤクルト – 楽天(神 宮) 
13:00|DeNA – 阪神(横 浜) 
13:00|広島 – 日本ハム(マツダスタジアム)
14:00|中日 – オリックス(ナゴヤドーム)

■3月19日(日)
13:00|西武 – 巨人(メットライフ) 
13:00|ロッテ – 楽天(ZOZOマリン) 
13:00|ヤクルト – 阪神(神 宮) 
13:00|DeNA – ソフトバンク(横 浜) 
13:00|広島 – 日本ハム(マツダスタジアム) 
14:00|中日 – オリックス(ナゴヤドーム) 

■3月20日(月)
13:00|西武 – 楽天(メットライフ) 
13:00|ロッテ – 阪神(ZOZOマリン)
13:00|ヤクルト – 巨人(神 宮) 
13:00|DeNA – ソフトバンク(横 浜) 
13:00|広島 – オリックス(マツダスタジアム)
14:00|中日 – 日本ハム(ナゴヤドーム) 

■3月22日(水)
13:00|巨人 – 日本ハム(伊 勢)
13:00|ロッテ – 中日(ZOZOマリン) 
13:00|ヤクルト – 西武(神 宮) 
13:00|DeNA – 楽天(横 浜)
18:00|オリックス – 広島(京セラ)
18:00|ソフトバンク – 阪神(ヤフオクドーム)

■3月23日(木)
13:00|西武 – 中日(メットライフ)
13:00|ヤクルト – 楽天(神 宮)
13:00|DeNA – ロッテ(横 浜)
18:00|巨人 – 日本ハム(東京ドーム)
18:00|オリックス – 広島(京セラ) 
18:00|ソフトバンク – 阪神(ヤフオクドーム) 

■3月24日(金)
18:00|オリックス – 阪神(京セラ)
18:00|ソフトバンク – 広島(ヤフオクドーム) 

■3月25日(土)
13:00|阪神 – オリックス(京セラ)
13:00|ソフトバンク – 広島(ヤフオクドーム) 
13:00|西武 – DeNA(メットライフ)
14:00|巨人 – ロッテ(東京ドーム)
14:00|中日 – 楽天(ナゴヤドーム)
14:00|日本ハム – ヤクルト(札幌ドーム)

■3月26日(日)
13:00|日本ハム – ヤクルト(札幌ドーム)
13:00|西武 – DeNA(メットライフ)
14:00|巨人 – ロッテ(東京ドーム)
14:00|中日 – 楽天(ナゴヤドーム)
14:00|オリックス – 阪神(京セラ)
14:00|広島 – ソフトバンク(マツダスタジアム)

新サービス『スポナビライブ』とは? 全12球団まとめてLIVE中継!

スポナビライブ』は、8種類以上のスポーツをインターネット中継する、ソフトバンクが提供する新しい動画配信サービスです。

プロ野球オープン戦と、3月31日に開幕する公式戦を見るためには、スポナビライかスカパー!のどちらかで視聴する方法が1番お得になります。

プロ野球は、全12球団の「オープン戦」「リーグ戦」「クライマックスシリーズ」をLIVE中継で配信。巨人・広島の主催試合を除く、全試合を放送します。

スポーツのLIVE中継・録画放送(フル動画)・ダイジェスト(ハイライト)・インタビューなど様々な動画を、スマホ・タブレット・PCテレビを使って、いつでも見る事ができるスポナビライブ。

もし見逃しても録画されており、放送から1週間限定で何度でも見る事ができます。

もちろん、最新のスマートフォン(iPhone・Android)・SIMフリー携帯・PC・タブレットにも対応しています。

スポナビライブは、2016年3月17日よりサービスを開始。

2017年3月16日、HD版(ハイビジョン)からフルHD版(フルハイビジョン)に、バージョンアップしました。

月額料金

2017年3月16日に提供開始した、フルHD版スポナビライブの月額料金は以下の通りです。

携帯会社 月額料金
ソフトバンク 980円
Yモバイル 980円
ドコモ・au・格安SIM 1,480円
ドコモ・au・格安SIM
(Yahoo!プレミアム会員)
980円
(1,442円)

Yモバイル・Yahoo!プレミアム会員の方は、ソフトバンク携帯と同じく、月額980円で利用可能です。

Yahoo!プレミアム(462円)、スポナビライブ(980円)を合算した場合、月額1,442円となります。通常料金1,480円払うより、お得に利用することができます。

詳細は、スポナビライブの全てが解る7つの特徴をご確認ください。

無料期間

スポナビライブは、1ヶ月無料キャンペーンがあり、プロ野球オープン戦を無料で見ることができます。

もし試してみて必要なかったら、無料期間中にやめれば0円ですので、デメリットがありません。
(例:5月15日に申し込みの場合、6月14日まで無料→6月14日に解約→0円)

2017年からは、プロ野球「オープン戦」「リーグ戦」を無料で見る事ができるようになりました。

テレビ中継一覧

プロ野球オープン戦のテレビ中継一覧です。

「オープン戦」をテレビで見るためには、スカパー!が必要です。

「プロ野球セット」のプランは、試合の放送がある複数のチャンネルを全てセット見れます。

全12球団の「オープン戦」「公式戦」全試合を放送。チャンネル単体で契約するより、安い料金で視聴する事ができます。400円の基本使用料は必ずかかります。

料金|3,980円+421円=4,401円(税抜き)

プロ野球セットは申し込み月が無料で、2ヶ月目が1,980円、3ヶ月目からは3,980円(通常料金)に戻るキャンペーンを実施中。申し込み月に解約することはできませんので料金は必ず発生します。

地上波・BS

NHKを含む地上波・BSの放送予定はありません。

近年はプロ野球セ・パリーグ公式戦のテレビ放送も少なく、プロ野球を見ようと思ったら有料放送の契約が必要です。

スカパー!プロ野球セット(放送チャンネル一覧)

スカパー!でプロ野球を見る場合、プロ野球セットに登録する方法と、チャンネル単体を契約する方法があります。

お気に入りの1球団だけ見たい!他の試合は見ないという方はチャンネル単体、複数の球団の放送が見たい方はプロ野球セットに登録する方法がお得です。

スカパー!登録時に、「プロ野球セット」か「チャンネル単体」を選択します。

※プロ野球セット3980円(初月無料)は以下のチャンネルを全て放送

■JSPORT|2,469円/月

  • オリックス・バッファローズ
  • 楽天イーグルス
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ

■GAORA|1,296円/月

  • 日本ハムファイターズ
  • 阪神タイガース
  • 公式サイト 👉 GAORA

■日テレG+(ジータス)|972円/月

■FOXスポーツ|1,026円/月

  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 公式サイト 👉 FOXスポーツ

■TBSチャンネル2|1,080円/月

テレ朝チャンネル2もセットで視聴が可能となります。

■フジテレビONE|1,080円/月

フジテレビTWOとのセット契約となり料金も1080円で2ch視聴可能です。

■フジテレビTWO|1,080円/月

フジテレビONEとのセット契約となり料金も1080円で2ch視聴可能です。

■TBSニュースバード|401円/月

■視聴方法

上記チャンネルを見るためには、スカパー!のお申し込みが必要になります。

インターネット中継一覧

プロ野球「オープン戦」「公式戦」のインターネット中継一覧です。

2017年のプロ野球オープン戦・公式戦をインターネット中継で見る場合は『スポナビライブ』が圧倒的にお得です。月額料金が安く、放送球団が10球団と最も多いことが理由になります。

各球団ごとにある専門チャンネルは、主催試合しか放送しません。放送球団数が多い方スポナビライブを選んだ方が、結果的に好きな球団の試合を多く見ることが可能。

プロ野球だけでなくスポーツ中継全体が、インターネット配信が主流となってきている現在。この傾向は2017年さらに加速していきます。

スポナビライブ

オープン戦 プロ野球

スポナビライブでは、全12球団のオープン戦をライブ中継!

インターネット&テレビ中継の中で、最も放送球団数が多いサービスが、スポナビライブです。

料金もソフトバンク500円、その他携帯1500円と破格で、1ヶ月の無料期間があります。

他が悪いというより、新しくスポナビライブが出てきて今までのサービスでは太刀打ちできない印象です。

唯一の弱点として、巨人・広島の主催試合(ホームゲーム)が放送されません。対戦相手の主催試合は放送します。
例:巨人 vs. 阪神(東京ドーム)→放送なし 阪神 vs. 巨人(甲子園)→放送あり

オープン戦は実況・解説を聞きながら楽しむことができます。

スポナビライブではテレビ放送も含めた全サービスと比較した際に、以下のメリットがあります。

  • 全12球団を放送(最多)
  • 料金が最安で、無料で見ることが出来る
  • 工事・設定不要。ネット登録だけで簡単に見れる

スポナビライブ公式サイト

オープン戦の日程

3/1(水) 日本ハム vs. 中日
西武 vs. ロッテ(練習試合)、ソフトバンク vs. 斗山(練習試合)
3/2(木) 日本ハム vs. 中日
ソフトバンク vs. ロッテ(練習試合)、西武 vs. 楽天(練習試合)
3/3(金) 西武 vs. ハンファ(練習試合)
3/4(土) 日本ハム vs. 巨人、楽天 vs. DeNA
ヤクルト vs. ソフトバンク
3/5(日) 日本ハム vs. 巨人、ソフトバンク vs. ヤクルト
阪神 vs. 広島、楽天 vs. DeNA
3/7(火) ソフトバンク vs. 日本ハム
阪神 vs. ヤクルト
3/8(水) ソフトバンク vs. 日本ハム、阪神 vs. ロッテ
オリックス vs. DeNA
3/9(木) ソフトバンク vs. 日本ハム、阪神 vs. ロッテ
オリックス vs.  DeNA
3/10(金) オリックス vs. 巨人
3/11(土) ソフトバンク vs. 中日、DeNA vs. ロッテ
阪神 vs. 西武、オリックス vs. 巨人
3/12(日) ソフトバンク vs. 中日、DeNA vs. ロッテ、阪神 vs. 巨人
楽天 vs. 日本ハム、オリックス vs. 西武
3/14(火) 日本ハム vs. DeNA、ソフトバンク vs. 巨人
ロッテ vs. ヤクルト、西武 vs. 中日
3/15(水) 日本ハム vs. DeNA、ソフトバンク vs. 巨人、西武 vs. 中日
楽天 vs. 広島、ヤクルト vs. ロッテ、オリックス vs. 阪神
3/16(木) 日本ハム vs. DeNA、ソフトバンク vs. 巨人
楽天 vs. 広島
3/17(金) ヤクルト vs. オリックス
中日 vs. 阪神
3/18(土) ロッテ vs. 巨人、DeNA vs. 阪神、西武 vs. ソフトバンク
ヤクルト vs. 楽天、中日 vs. オリックス
3/19(日) ロッテ vs. 楽天、DeNA vs. ソフトバンク、西武 vs. 巨人
ヤクルト vs. 阪神、中日 vs. オリックス
3/20(月) ロッテ vs. 阪神、DeNA vs. ソフトバンク、西武 vs. 楽天
ヤクルト vs. 巨人、中日 vs. 日本ハム
3/22(水) ソフトバンク vs. 阪神、ロッテ vs. 中日、DeNA vs. 楽天
ヤクルト vs. 西武、オリックス vs. 広島
3/23(木) ソフトバンク vs. 阪神、DeNA vs. ロッテ、西武 vs. 中日
ヤクルト vs. 楽天、オリックス vs. 広島
3/24(金) オリックス vs. 阪神
ソフトバンク vs. 広島
3/25(土) 日本ハム vs. ヤクルト、ソフトバンク vs. 広島
西武 vs. DeNA
3/26(日) 日本ハム vs. ヤクルト、西武 vs. DeNA
オリックス vs. 阪神

パ・リーグTV

パ・リーグテレビは月額1,450円、有料ファンクラブ会員の方は950円でパリーグ6球団の試合を放送します。

Hulu

Hulu(フールー)では、ジャイアンツLIVEストリーム(月額1,500円)を放送。読売ジャイアンツの主催試合を全試合ライブ中継しています。

ご存知の通り、Hulu(フールー)は映画やドラマなど他の動画を配信しているため、野球と合わせて見ることができます。

さらにHuluは月額933円と、ジャイアンツLIVEストリームに直接登録するより安く視聴することが可能。2週間の無料期間中に解約した場合は0円です。

オープン戦はホーム&ビジター全12試合を放送。公式戦もビジター試合を年間20試合ほど放送します。

DAZN(ダ・ゾーン)

2017年のJリーグ1・2・3部の独占放送して話題となったDAZN(ダ・ゾーン)は、プロ野球も放送!

月額1750円(ドコモ携帯は月額980円)で、横浜DeNAベイスターズ・広島東洋カープの主催試合をライブ中継します。

カープの試合は広島地域一帯ではテレビ中継を見る事ができませんのご注意ください。

虎テレ

阪神タイガースの試合を月額600円で配信。オープン戦は主催試合のみでなく、一部ビジター試合も配信しています。

春季キャンプでは、虎テレが毎日ライブ中継しており、スポナビライブより良かったです。

2017年のオープン戦・公式戦に関しては、スポナビライブの方が放送試合数が多いため良いです。

ニコニコ生放送

ニコニコ生放送では、DeNA、楽天の主催試合を無料で放送しています。

一般会員ですと画質が悪く、プロ野球中継は人気なので、すぐに追い出されてしまうこと多い。再度入室すれば見れるのですが、また直ぐに退室させられると野球中継どころではなくなってしまうでしょう。

プレミアム会員(月額540円)になると優先的に視聴が可能となり、高画質モードでの視聴、読み込みの高速化が実装されます。

SHOWROOM

横浜DeNAベイスターズのオープン戦・公式戦は、SHOWROOMで見ることが出来ます。

放送対象が少なく、横浜DeNAベイスターズの主催試合のみとなります。

放送内容

視聴するサービスによって放送内容は変わりますが、基本的な内容は同じです。

  • オープン戦(ライブ&録画)
  • ハイライト
  • 選手インタビュー
  • 監督・コーチインタビュー
  • 特集

放送内容は、ライブ中継・録画放送とハイライトが中心となります。

2017年|プロ野球オープン戦を無料で見る方法

スポナビライブ

『スポナビライブ』は、プロ野球オープン戦を、無料で見る事ができます。

スポナビライブは、1ヶ月無料キャンペーンを実施中(3月15日に申し込んだ場合、4月14日まで)

もし試してみて必要なかったら、無料期間内であれば解約しても0円なので、デメリットがありません。

これで、オープン戦だけでなく3月31日に開幕する「公式戦」も無料で見る事ができます。

実際には1度使うと、

  • スカパー!・WOWOWと比較すると月額料金が圧倒的に安い
  • プロ野球中継の充実ぶり(巨人・広島以外の10球団の主催試合を生中継)
  • 海外サッカー(プレミアリーグ・リーガ・エスパニョーラ)、Bリーグ(プロバスケ)、テニスなどを放送

以上のことから、継続して使う人が多いです。

無料期間がなくなる前に、1度試しに使ってみる事をお勧めします。

1ヶ月無料のお申し込みは、『スポナビライブ公式サイト』をご確認ください。

無料で見る方法の詳細は、【完全ガイド】スポナビライブを無料で見る方法 をご確認ください。

全12球団別|テレビ・ネット中継の一覧

2017年の、プロ野球テレビ・ネット中継の一覧です。

インターネット中継なら「スポナビライブ」衛生放送なら「スカパー!」が間違いありません。

スカパー!は、チャンネル単体では、ほぼ全て主催試合のみ放送となるため、1年間で半分の試合しか見れません。

プロ野球セット3,980円(初月無料)は、プロ野球を放送するチャンネルを、全てセットで放送。全12球団の主催試合を配信しています。

千葉ロッテマリーンズ

TBSニュースバードの料金が最安だが、主催試合しか放送しない。パ・リーグ全試合放送で、料金がパ・リーグTVより安くセ・リーグも放送するスポナビライブがお得。

■TBSニュースバード(スカパー!

料金|401円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|千葉ロッテマリーンズ主催試合
公式サイト 👉 TBSニュースバード

■スポナビライブ

料金|ソフトバンク携帯500円 その他携帯1500円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合
公式サイト 👉 スポナビライブ

■パ・リーグTV

料金|1,450円(有料ファンクラブ会員950円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|パ・リーグ6球団の主催試合
公式サイト 👉 パ・リーグTV

福岡ソフトバンクホークス

昨季3連覇を逃してしまった福岡ソフトバンクホークスは、パ・リーグ制覇、日本一に向けて、新スローガン「1(ワン)ダホー!」を合言葉に日本一奪還を目指します。

FOXスポーツ(スカパー!

料金|1,026円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|福岡ソフトバンクホークス主催試合
公式サイト 👉 FOXスポーツ

■スポナビライブ

料金|ソフトバンク携帯500円 その他携帯1500円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合
公式サイト 👉 スポナビライブ

■パ・リーグTV

料金|1,450円(有料ファンクラブ会員950円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|パ・リーグ6球団の主催試合
公式サイト 👉 パ・リーグTV

東北楽天ゴールデンイーグルス

ニコニコ生放送は、無料で見る事が出来ます。その反面、低画質モードになったり、視聴中に強制退室させられたりします。

プレミアム会員(月額540円)になると、強制体質なく優先的に視聴が可能となり、高画質モードでの視聴、読み込みの高速化が実装されます。

主催試合しか放送しないため、スポナビライブの方がいいでしょう。

JSPORT(スカパー!

料金|2,469円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|楽天・オリックス・広島・中日の主催試合
公式サイト 👉 J SPORTS

■スポナビライブ

料金|ソフトバンク携帯500円 その他携帯1500円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合
公式サイト 👉 スポナビライブ

■パ・リーグTV

料金|1,450円(有料ファンクラブ会員950円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|パ・リーグ6球団の主催試合
公式サイト 👉 パ・リーグTV

■ニコニコ生放送

料金|0円(プレミアム会員540円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|楽天イーグルス・横浜DeNAの主催試合
公式サイト 👉ニコニコ生放送 

北海道日本ハムファイターズ

■GAORAT(スカパー!

料金|1,296円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|日本ハム・阪神の主催試合
公式サイト 👉 GAORA

■スポナビライブ

料金|ソフトバンク携帯500円 その他携帯1500円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合
公式サイト 👉 スポナビライブ

■パ・リーグTV

料金|1,450円(有料ファンクラブ会員950円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|パ・リーグ6球団の主催試合
公式サイト 👉 パ・リーグTV

オリックス・バッファローズ

JSPORTスカパー!

料金|2,469円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|オリックス・楽天・広島・中日の主催試合
公式サイト 👉 J SPORTS

■スポナビライブ

料金|ソフトバンク携帯500円 その他携帯1500円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合
公式サイト 👉 スポナビライブ

■パ・リーグTV

料金|1,450円(有料ファンクラブ会員950円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|パ・リーグ6球団の主催試合
公式サイト 👉 パ・リーグTV

西武ライオンズ

フジテレビTWOは、フジテレビが放送する有料チャンネル、フジテレビONEとのセット契約となり料金も1080円で2ch視聴可能です。

■フジテレビTWOスカパー!

料金|1,080円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|埼玉西武ライオンズの主催試合
公式サイト 👉 フジテレビTWO

■スポナビライブ

料金|ソフトバンク携帯500円 その他携帯1500円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合
公式サイト 👉 スポナビライブ

■パ・リーグTV

料金|1,450円(有料ファンクラブ会員950円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|パ・リーグ6球団の主催試合
公式サイト 👉 パ・リーグTV

広島東洋カープ

広島東洋カープの主催試合は、JSPORT(スカパー!)ではネット放送されないためご注意ください。楽天・オリックス・中日は放送。

JSPORT(スカパー!

料金|2,469円
端末|テレビ(PC/スマホ/タブレット)
内容|楽天・オリックス・広島・中日の主催試合
公式サイト 👉 J SPORTS

DAZN(ダ・ゾーン)

料金|ドコモ携帯980円 その他携帯1480円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島カープ・横浜DeNAの主催試合
公式サイト 👉 DAZN(ダ・ゾーン)

読売ジャイアンツ(巨人)

ジャイアンツといえば日テレG+ですが、実はHuluでもライブ中継。放送内容が充実してるんです。

Hulu(フールー)は、映画やドラマの他に「ジャイアンツLIVEストリーム(月額1,500円)」を放送。

月額933円と、ジャイアンツLIVEストリームに直接登録するより安く視聴することが可能です。2週間の無料期間中に解約した場合は0円でデメリットがありません。

オープン戦はホーム&ビジター全12試合を放送。公式戦もビジター試合を年間20試合ほど放送します。

■日テレG+スカパー!

料金|972円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|読売ジャイアンツの主催試合
公式サイト 👉 日テレジータス

■Hulu(フールー)

料金|933円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合
公式サイト 👉 Hulu

横浜DeNAベイスターズ

■TBSチャンネル2スカパー!

料金|1,080円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|横浜DeNAベイスターズの主催試合
備考|テレ朝チャンネル2もセットで視聴が可能
公式サイト 👉 TBSチャンネル2

■スポナビライブ

料金|ソフトバンク携帯500円 その他携帯1500円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合
公式サイト 👉 スポナビライブ

■ニコニコ生放送

料金|0円(プレミアム会員540円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|楽天・DeNAの主催試合
公式サイト 👉ニコニコ生放送 

■SHOWROOM

料金|500円
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|横浜DeNAベイスターズの主催試合
公式サイト 👉 SHOWROOM

阪神タイガース

■GAORAT(スカパー!

料金|1,296円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|阪神・日本ハムの主催試合
公式サイト 👉 GAORA

■スポナビライブ

料金|ソフトバンク携帯500円 その他携帯1500円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合
公式サイト 👉 スポナビライブ

■虎テレ

料金|600円
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|阪神タイガースの主催試合
公式サイト 👉 虎テレ

中日ドラゴンズ

JSPORT(スカパー!

料金|2,469円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|楽天・オリックス・広島・中日の主催試合
公式サイト 👉 J SPORTS

■スポナビライブ

料金|ソフトバンク携帯500円 その他携帯1500円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合
公式サイト 👉 スポナビライブ

東京ヤクルトスワローズ

■フジテレビONE(スカパー!

料金|1,080円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|東京ヤクルトスワローズの主催試合
公式サイト 👉 フジテレビON

■スポナビライブ

料金|ソフトバンク携帯500円 その他携帯1500円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合
公式サイト 👉 スポナビライブ

プロ野球|2017シーズン公式戦もライブ中継

2017年3月31日にセ・リーグ&パ・リーグ共に、公式戦が開幕。

公式戦の視聴方法は、オープン戦と同じです。本記事でご紹介させて頂いているテレビ&ネットサービスで、そのまま視聴いただけます。

オープン戦の結果

2017年のオープン戦は千葉ロッテが1位。大型補強を行った巨人がまさかの最下位となりました。

オープン戦には、3位のチーム順位が悪いものにいなるというジンクスがあります。その呪われた3位はオリックスです。

 
チーム
 

 

 

 

 
 

 
千葉ロッテ
マリーンズ
18 13 2 3 .867
福岡ソフトバンク
ホークス
18 10 5 3 .667 3.0
オリックス
バファローズ
16 9 5 2 .643 3.5
阪 神
タイガース
18 10 6 2 .625 3.5
埼玉西武
ライオンズ
13 8 5 0 .615 4.0
北海道日本ハム
ファイターズ
20 11 7 2 .611 3.5
東京ヤクルト
スワローズ
18 7 7 4 .500 5.5
東北楽天
ゴールデンイーグルス
17 6 9 2 .400 7.0
横浜DeNA
ベイスターズ
17 5 11 1 .313 8.5
中 日
ドラゴンズ
19 5 11 3 .313 8.5
広島東洋
カープ
17 4 11 2 .267 9.0
読 売
ジャイアンツ
19 5 14 0 .263 10.0

まとめ

2017年のプロ野球オープン戦は、シーズン中は見れないセ・パリーグのチーム合同の試合を見る事ができます。

オープン戦は、球団によって最適な視聴方法が異なります。ご自身のみたい球団に合わせた視聴方法を見つけてください。

スポナビライブは、今は1ヶ月無料キャンペーン中ですので、試しに見て必要ないと思ったら、1ヵ月以内に解約すれば0円でデメリットがありません!

野球好きの方は、無料期間があるうちに一度試して、必要かどうかを判断する事をおすすめします。

※1ヶ月無料キャンペーン適用の申し込みはスポナビライブ公式サイトをご確認ください。

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*