【裏ワザ】WiMAXを違約金なしで更新月に関係なく解約する方法

LINEで送る
Pocket

WiMAXを契約した後に、実際に使ってみたら後悔しているという相談が後をたちません。

ご自身の利用環境や方法に本当にあっていれば問題ないのですが、電波が届かなかったり、実際の利用方法に合わない事に気づく事で、『固定回線にすれば良かった』という後悔をしてしまうのです。
WiMAXは後悔しても既に遅く、2年契約になっており、やめたくても多額の違約金が発生してしまいます。

ネット上の情報では違約金をかからなくするために、更新月に解約する方法や、乗り換え先のインターネットのキャッシュバックで相殺する方法をご紹介していますが、それは普通の解約方法です。

今回は2016年5月以降から、一定の条件を満たすことで違約金0円で解約できる方法をご紹介します。

WiMAXを後悔する理由は?裏ワザの利用方法は?本文にて詳細をご紹介していきます。

スポンサードリンク


WiMAX契約後に後悔した3つの理由

理由1 電波がつながらない

WiMAX電波の人口カバー率は94%になり、auのLTE電波を使う場合は97%の人口カバー率です。
この数字から考えた場合、電波がつながらない事はほとんどないのでは?と思いますが、実際は提供エリア内なのに受信できなかったり、受信できても電波が弱く、速度や安定性に問題があったりします。

主な原因は鉄筋コンクリート等の電波を通しにくい建物による電波への影響です。
鉄筋コンクリートの建物や、その近くに住んでいたりすると家の中でWiMAXが使えないという現象が発生します。

対応としてはWiMAXの端末を窓際に置くという方法で受信できる事があります。
ですが、電波の受信が弱い場合の対応なので根本的に速度と安定性に欠けてしまいます。

理由2 外でのネットは不要だった

「外でPCを使いたい」といって契約をしていった人が本当に外でPCを使ってインターネットをしているのか?
その答えはNOです。理由は・・・

  • 実際に使ったらインターネットのメインは自宅利用だった
    H26年に発表した総務省の調べでも、インターネットを一番使う場所は自宅と発表されています。
    外で使うと思って契約しても実際には家での利用が中心だったという声は一番よく聞きます。
  • PCを利用する場所に公衆無線LAN(無料のWi-Fi)が完備されていて、WiMAXが必要ない
    国内では約100万箇所に公衆無線LAN(無料のWiFi)が提供されています。スターバックスなどの飲食店や学校など人が集まる場所には必ずと言っていいほどWi-Fi設備が完備されているため、自分で契約する必要は有りません。
  • 外ではスマートフォンで十分
    スマートフォンの普及により外でのインターネットはスマートフォンで十分な時代となりました。
    更にスマートフォンは発展を続け、PCでしか行えなかった作業もスマートフォンで出来るようになってきました。
    例えば、Microsoft officeの閲覧や編集が出来るようになり、移動中などの屋外でもスマートフォンで自由にMicrosoft officeを使って仕事が出来るようになりました。
    また、ネット以外のビジネス用にPCを持ち出す人が多かったが、クラウドサービスの発展により、ビジネスマンがPCを外に持ち出さなくても外出先で仕事が出来るようになりました。
    移動中等の屋外や、外出先でPCが必要なくなったため、PCを持ち出さなくなりWiMAXも必要なくなってきたのです。
    一時的に外でネットが必要になった場合は、スマートフォンのデザリング機能を使えば十分代用できます。

理由3 使い放題プランなのに使い放題じゃない

WiMAXは元々は無制限で使えてましたが、2015年4月から新しく「3日間で合計3GB」の通信容量制限がかかりました。
以前の使い放題の印象がそのままであったり、WiMAXも完全使い放題と思ってしまう様なプラン名や広告の打ち方をしているのでここを理解しないで契約をすると後で後悔することになってしまします。

  • 全プラン共通|3日間で合計3GB使うと1Mbps〜7MBpsの速度制限がかかる
  • 7GB通常プランのみ|月合計7GBを使うと128kbpsの速度制限がかかる
  • au 4G LTEを使った場合のみ|月合計7GB使うとau 4G LTEとWiMAX2+が共に128kbps速度制限がかかる

違約金がなしになる解約方法

2016年5月21日に改正された電気通信事業法の初期契約解除制度(クーリングオフ)を使った解約方法です。
通常かかる違約金をかけずに初期契約費の3,000円だけでWiMAXの契約を解除します。

電気通信事業法とは?

電気通信事業法については下記をご確認ください。
URL|http://net-perfect.jp/denkituusinjigyouhou-kaisei/

違約金

1~13ヶ月|19,000円

※参考 違約金一覧
13~25ヶ月|14,000円
26~49ヶ月|9,500円(UQ Flatツープラス auスマホ割(4年)」をご契約の場合)

適用条件

WiMAX契約から8日以内

自己負担(約3,000円)

今回の裏ワザでは初期契約解除制度を利用します。
初期契約解除制度では、解約に関する費用は不要となりますが、契約に必要であった費用は請求する事が出来ます。
そのため、『契約手数料』と『端末料金』『インターネット利用日数分の料金』が請求出来ます。

『契約手数料』の3,000円は一律で請求されます。
『端末料金』は1円 (キャンペーン適用料金だが常にキャンペーン中)がほとんどであるため、1円以上請求されません。
『インターネット利用日数分の料金』はWiMAXを契約している会社によりますので解約時にご確認ください。
(例:ギガ放題3日で解約の場合 約370円)

解約方法

ご契約をされたWiMAX提供会社に、お電話にて『初期契約解除制度を使って解約したい』旨をご連絡するだけでOKです。
UQコミュニケーションズに一律で電話をすれば解約出来るわけではありません。
毎月の料金請求に○○WiMAXといった商品名等から簡単にご確認いただけます。

まとめ

WiMAXを契約したが、電波や速度等に不満がある場合は、8日以内であれが違約金なしで解約が出来ます。
初期費用の約3,000円分を負担する必要がありますが、それでも最安の解約方法となります。


LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*