大相撲ガイド2017|名古屋場所のテレビ中継一覧とネット放送【無料】で見る方法

LINEで送る
Pocket

2017年7月9日、大相撲は名古屋場所(7月場所)が開幕しました。

名古屋場所は、白鵬が歴代1位1048勝の記録が期待。

相撲界の歴史がかわる瞬間を一目見ようと、近年で最も注目された場所となっています。

また「横綱・稀勢の里」は怪我により欠場。

それでも、昇進後の初土俵である「大関・高安」「新関脇・御嶽海」や、新世代「宇良・石浦」などの活躍により目が離せない状況となっています。

大相撲が開催されている15日間、仕事や用事などでテレビ中継を見逃してしまった事はありませんか?

  • 大相撲を無料で見たい
  • インターネット中継でスマホ・PC・タブレットで見たい
  • 見逃した取り組みをフル動画で見たい
  • 序ノ口から幕内まで全部見たい
  • 好きな取り組みだけ見たい

こんな事は思った事はありませんか?

これらの要望は全て実現できます!本記事は、大相撲・名古屋場所の観戦ガイドとして視聴するために必要な情報を全て紹介していきます。

大相撲・名古屋場所の取組を、序ノ口から幕内まで全て無料で見る事が出来るのは、ソフトバンクが提供する動画配信サービス『スポナビライブ』だけです。

もし見逃しても放送から1週間以内であれば、LIVE中継したフル動画やダイジェストをいつでも見放題。外出先からもスマホで見ることができます。

それでは、大相撲・名古屋場所のテレビ・ネット放送一覧と、2017年から可能になった無料で見る方法をお伝えしていきましょう。

スポンサードリンク


白鵬|歴代最多勝1047勝を抜き頂点へ

引用|http://mainichi.jp/

相撲界の歴史に新たら一ページが刻まれようとしています。

白鵬が、

  • 歴代1位|大関・魁皇    1047勝
  • 歴代2位|横綱・千代の富士 1045勝

今まで年十年も破られなかった記録を抜き、歴代最多勝という偉業をこの名古屋場所で達成する可能性が高くなりました。

テレビやインターネットでも連日放送され、大相撲の歴史が変わる瞬間を見ようと、日本中が注目しています。

7月16日(8日目)には、注目「白鵬 vs. 宇良」の初取組が行われます。

大相撲とは?

出典|https://ja.wikipedia.org/

相撲は、日本で最も多くの歴史と伝統を持つスポーツとして老若男女、幅広い世代から愛される日本の国技です。

神道と深く関連し、スポーツというだけではなく、礼儀作法などのしきたりを非常に重視しています。

その一環として「力士はまわし以外は身につけない」という姿は、現代の大相撲にも見られます。

相撲の中には純粋な宗教儀式もあります。昔から「神への意思伝達を行う場」、「その年の豊作・豊漁を占う儀式」として親しまれてきた歴史もあるのです。

本記事では、財団法人日本相撲協会が運営する、プロの相撲をご紹介しています。

年間で6場所、奇数月に15日間かけて行われる本場所のほか、偶数月には地方・海外巡業、大相撲トーナメントなどの興行が行われています。

2017年の相撲界の変化!

2016年、9年連続で続いた白鵬の年間最多勝を稀勢の里が受賞。稀勢の里は2017年の春場所で優勝を果たし、19年振りの日本人横綱に昇進しました。

また、2017年の大相撲の動向で、興味深いインタビューが公表されていたので紹介します。

納めの九州場所が終わった。2016年の大相撲界を振り返ると、初場所で大関・琴奨菊(32)、春場所と夏場所で横綱・白鵬(31)、名古屋場所で横綱・日馬富士(32)、秋場所で大関・豪栄道(30)、九州場所で横綱・鶴竜(31)が優勝した。この5人はいずれも賜杯を抱いた時に30歳を超えている。1年を通して20代優勝者が出なかったのは年6場所制が始まった1958年以降で初めて。昨年まで白鵬が9年連続で受賞していた年間最多勝も、6場所中4場所で12勝以上を挙げた30歳の大関・稀勢の里が受賞した。

 このデータが物語っていることは「いかに世代交代が進んでいないか」だと思う。白鵬が九州場所中の朝稽古後の取材で興味深いことを言っていた。若手の台頭に関する質問を受けた際に「今の上位陣(横綱、大関)に勝てないと上には上がれない。いかに今の上位陣が強いか。群を抜いているか」と言い切った。

出典|大相撲界で進まない世代交代 白鵬も断言「いかに今の上位陣が強いか」(スポニチアネックス)

このような話を白鵬から聞けるという事は、2016年の上位陣はやはり強かったということでしょう。

では2017年も上位陣は安定なのか?それは違います。

冒頭でもお伝えしましたが、2016年は白鵬が怪我で離脱して、9年連続で続いた年間最多勝を稀勢の里が獲得。勢いそのまま2017年には初優勝を実現し、横綱に昇進しました。

2014年までの白鵬の独壇場から一転、2015年・2016年はで5人の力士が優勝。そして2016年は日本人力士が2度優勝しました。

他にも石浦・宇良など若手の活躍。大相撲は、世代交代というよりも「群雄割拠の戦国時代」に突入しました。

相撲をネット中継する『スポナビライブ』とは?

スポナビライブ』は、8種類以上のスポーツをインターネット中継する、ソフトバンクが提供する新しい動画配信サービスです。

大相撲は、序の口から幕内まで、全取り組みを放送しています。

スポーツのLIVE中継・録画放送(フル動画)・ダイジェスト(ハイライト)・インタビューなど様々な動画を、スマホ・タブレット・PCテレビを使って、いつでも見る事ができるスポナビライブ。

もし見逃しても録画されており、放送から1週間限定で何度でも見る事ができます。

もちろん、最新のスマートフォン(iPhone・Android)・SIMフリー携帯・PC・タブレットにも対応しています。

スポナビライブは、2016年3月17日よりサービスを開始。

2017年3月16日、HD版(ハイビジョン)からフルHD版(フルハイビジョン)に、バージョンアップしました。

月額料金

2017年3月16日に提供開始した、フルHD版スポナビライブの月額料金は以下の通りです。

携帯会社 月額料金
ソフトバンク 980円
Yモバイル 980円
ドコモ・au・格安SIM 1,480円
ドコモ・au・格安SIM
(Yahoo!プレミアム会員)
980円

Yモバイル・Yahoo!プレミアム会員の方は、ソフトバンク携帯と同じく、月額980円で利用可能です。

Yahoo!プレミアム(462円)、スポナビライブ(980円)を合算した場合、月額1,442円となります。通常料金1,480円払うより、お得に利用することができます。

詳細は、スポナビライブの全てが解る7つの特徴をご確認ください。

無料期間

スポナビライブは、1ヶ月無料キャンペーンがあり、大相撲・名古屋場所を無料で見ることができます。

もし試してみて必要なかったら、無料期間中にやめれば0円ですので、デメリットがありません。
(例:7/10に申し込み → 8/9までに解約 → 0円)

大相撲・名古屋場所(7月)のテレビ中継一覧

スポナビライブ相撲

テレビ中継では、地上波・BSで見る方法と有料放送で見る方法があります。

地上波・BS

 NHKの地上波とBSで中継されています。

13:00〜15:10|BS1
15:10〜18:00|NHK総合

インターネット中継

インターネット中継はスポナビライブと大相撲アプリを使う2つの方法があります。

スポナビライブ(おすすめ)

%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%8a%e3%83%93%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96pc%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97

スポナビライブはインターネット回線を使って生中継を行なっています。

全ての視聴方法の中で、1番簡単かつ無料で大相撲をネット中継で見る事ができます。

相撲以外にも8種類以上のスポーツを放送していますが、全て追加料金なく見放題です。

ソフトバンク・Yモバイルをお使いの方は980円。ドコモ・au・格安S IMなどのスマホをお使いの方は1480円で利用できます。

1ヶ月無料キャンペーン中なので、大相撲・名古屋場所(7月)を試しに見て、不要だったら無料期間中にやめても0円です。

■放送内容

  • ライブ中継|リアルタイムに大相撲全取組を放送
  •  録画動画|LIVE中継から1週間は、フル動画・ダイジェスト・特集が見放題

大相撲(スマホ用アプリ)

出典|日本相撲協会公式アプリ『大相撲』

日本相撲協会のスマホ用公式アプリです。

ライブ中継も行っているのですが、無料では1日1取組しか見ることができません。

全取組を見るためには、たにまち会員という有料会員に登録する必要があります。

U-NEXT(NHKオンデマンド)

有料放送は『U-NEXT』があります。具体的には、U-NEXTでNHKオンデマンドに登録して見ることができます。

月額1990円で1000円分のポイントが配布されます。

NHKオンデマンドは月額900円なので、追加料金なくポイント分だけで、大相撲と他にも大河ドラマなどのNHKの放送を見ることができます。

しかし大きな注意点が1点あります。

大相撲は生中継されずに、1日遅れでの放送となっている事です。

これは結果が解っていない状態で取組を見たい、生中継で見たい、とい方にはおすすめできません。

そもそもテレビであればお金を払わなくてもNHKで生中継していますので、

生中継を見逃したけど、家でテレビの大画面で見たい!NHKの他の放送も見たい!という方が対象です。

オススメできるユーザーが狭いのが弱点でしょうか。

U-NEXTはスマホやタブレットでも見ることができます。その場合、スポナビライブの方が生中継がありますので良いです。

  • 対応端末のご確認、お申し込みに関してはU-NEXT公式サイト をご確認ください。

大相撲・夏場所を無料で見る方法

img_2780.jpg

スポナビライブ』に登録する方法が、1番簡単で、料金も安く、大相撲・名古屋場所を見る事ができます!

現在スポナビライブは、1ヶ月無料キャンペーンを行っています。

もし試して必要なかったら、無料期間内であれば解約したとしても0円なのでデメリットがありません。
(例|7月15日申し込みの場合、8月14日迄)

大相撲の場所は15日間ですので、無料期間で十分見ることができます。他にも10種類以上のスポーツの放送が見放題です。

無料期間がなくなる前に、試しに使ってみる事をお勧めします。

※1ヶ月無料の申し込みは、こちらの『スポナビライブ公式サイト』から出来ます。

スポナビライブをテレビで見る方法

相撲などのスポーツを見る時は、スマートフォンの画面サイズでは物足りないと思った事はありませんか?

スポナビライブはスマートフォンだけでなく、テレビ・PC・タブレットで視聴する事が出来ます!

実際のスポナビライブ放送画質

スポナビライブ 相撲

実際にスポナビライブの相撲中継の画像です。フルHD画質は非常にキレイで、全く問題ありません。

まとめ

大相撲・名古屋場所の全取組を、無料でインターネット中継見る方法は、全テレビ・ネット動画サービスの中で『スポナビライブ』だけです!

LIVE中継はもちろん、放送から1週間以内であれば録画動画(フル)も見放題です。

もし試して必要なかったら、無料期間内であれば解約したとしても0円なのでデメリットがありません!

無料期間が終わって使い続けたとしても、月額980円〜と、価格破壊!?とも言える圧倒的なコストパフォーマンスですので十分お得です。

無料期間がある今のうちに、相撲ファンの方は1度試してみる事をお勧めします。

※1ヶ月無料のお申し込みはこちらの『スポナビライブ公式サイト』をご確認ください

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*