楽天イーグルス放送2017|テレビ・ネット中継一覧と【無料】で見る方法

LINEで送る
Pocket

2017年、プロ野球シーズン公式戦は、東北楽天ゴールデンイーグルス(以下、楽天イーグルス)の、異例の快進撃により大盛り上がりとなっています。

則本投手の「2桁奪三振8試合のプロ野球記録」や「2番ペゲーロ」など、新次元の野球を見ることができます。

本記事は楽天イーグルス・放送ガイド2017として、

  • 楽天イーグルス完全ガイド
  • テレビ・ネット放送全サービスの解説
  • おすすめ視聴方法
  • 楽天イーグルスの試合を無料で見る方法

以上の内容をもとに、あなたにとって最適な視聴方法を、見つける事ができます。

楽天イーグルスのテレビ・ネット中継は、誰でも簡単に『無料』で見ることが出来るようになりました。

スポンサードリンク


2017年|プロ野球シーズン公式戦とは?

引用|https://www.pdc-ds.com

2017年3月31日、プロ野球シーズン公式戦が、セ・パリーグ同日に開催しました。

プロ野球は、「公式戦」「セ・パ交流戦」「クライマックスシリーズ」「日本シリーズ」の4部構成で日本一を決定。

楽天イーグルスは、宮城県仙台市宮城野区にあるKoboパーク宮城(通称コボパ)をホームとして1年間戦い続けます。

1球団の年間試合数は、同リーグ内の対戦が25回戦総当たりの125試合。セ・パ6球団との交流戦が各3試合で18試合の、合計143試合を行います。

シーズン中にセ・パ交流戦、オールスター戦なども毎年行われます。2017年のセ・パ交流戦では、ソフトバンクが3連覇を達成しました。

オールスター戦(7/14-15)も毎年開催されます。

6月|試合日程

引用|http://npb.jp/bis/teams/calendar_e_06.html

楽天イーグルス6月の試合日程です。

毎週月曜日は休日、他曜日の試合は連日開催します。平日は18:00〜、週末は14:00〜が基本的な開催時間になります。

公式戦は、10月5日まで開催。その後、Aクラス球団(1〜3位)による「クライマックスシリーズ」、勝ち上がったリーグ代表球団による「日本シリーズ」が開催されます。

日程|2017年3月31日〜2017年10月5日(公式戦最終日)
休日|毎週月曜日

1軍登録の選手

2017年シーズン開幕時の、東北楽天イーグルス一軍選手の一覧です。記載がない選手は2軍登録になります。

実力・調子・怪我などによって1軍と2軍の選手は入れ替わりがあり、選手も何とか1軍で活躍しようと奮闘しています。

投手

  • 松井裕樹
  • 塩見貴洋
  • 則本昂大
  • 釜田佳直
  • 石橋良太
  • 青山浩二
  • リズ
  • 加藤正志
  • 横山貴明
  • 福山博之

捕手

  • 嶋基宏
  • 伊志嶺忠

内野手

  • 阿部俊人
  • 後藤光尊
  • 茂木栄五郎
  • 藤田一也
  • 今江敏晃
  • 銀次
  • ウィーラー
  • 哲朗

外野手

  • ゴームズ
  • 松井稼頭央
  • オコエ瑠偉
  • 聖沢諒
  • 福田将儀
  • 岡島豪郎
  • 枡田慎太郎

結論|楽天イーグルスのおすすめ視聴方法

結論
パリーグ球団を見たい場合は、巨人・広島カープ以外の全主催試合を980円〜放送するスポナビライブが最もお得です。

パリーグTVのみ、以下3つの条件に当てばスポナビライブよりお得な場合あがあります。それ以外は全てスポナビライブが最もお得です。

①有料ファンクラブ会員に既に入っている
②au/docomoユーザー
③パ・リーグしか見ない

また、セ・リーグ巨人・広島の主催試合も合わせて見たい方は、スカパー!プロ野球チャンネルしかありません。

宮城県の地元テレビ局の放送地域にお住いの場合は、試合数が少ないですが地上波で無料視聴できます。

次項からは、それぞれのサービスを詳しく解説していきます。

JSPORT(スカパー!

料金|2,469円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|楽天・オリックス・広島・中日の主催試合

■スポナビライブ(おすすめ)

料金|980円・1,480円
端末|テレビ/PC/スマホ/タブレット
内容|広島・巨人を除く10球団の主催試合

■パ・リーグTV

料金|1,450円(有料ファンクラブ会員950円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|パ・リーグ6球団の主催試合

■ニコニコ生放送(おすすめ)

料金|0円(プレミアム会員540円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|楽天イーグルス・横浜DeNAの主催試合

■楽天SHOWTIME

料金|0円
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|楽天イーグルス 主催試合

■おすすめ視聴方法

インターネット中継一覧

楽天イーグルスの試合をインターネット配信しているサービスは、「スポナビライブ」「パ・リーグTV」「ニコニコ生放送」「楽天SHOWTIME」の4つです。

プロスポーツ全般で、インターネットを利用してライブ放送で観戦する人が、2016年から急増。

理由は、以下4つのメリットがあげられます。

  • ソフトバンク・ドコモの参入による、圧倒的な低料金
  • 放送内容が非常に豊富(独占放送も有り)
  • 誰でも簡単にTVで見る事ができる
  • 本当に無料で使える

スポナビライブ

スポナビライブとは?

『スポナビライブ』は、10種類以上のスポーツをインターネット中継する、ソフトバンクが提供する新しい動画配信サービスです。

プロ野球は、「公式戦」「セ・パ交流戦」「クライマックスシリーズ」「日本シリーズ」をLIVE中継で配信。巨人・広島を除く、全10球団の主催試合を全試合放送しています。

プロ野球セット(4,401円)を除く、プロ野球の全視聴サービスの中で、最も放送試合が多いのはスポナビライブです。 

1ヶ月の無料期間があり、月額980円 or 1,480円で利用できます。

メリット

  • 楽天イーグルスの全試合をライブ中継(試合最後まで)
  • 広島・巨人を除くセ・リーグも4球団の主催試合も放送
  • 圧倒的な低料金(980円 or 1,480円)
  • フルHD画質(スポナビライブ限定)
  • 端末・場所を選ばない

スポーツのLIVE中継・録画放送(フル動画)・ダイジェスト(ハイライト)・インタビューなど様々な動画を、スマホ・タブレット・PCテレビを使って、いつでも見る事ができるスポナビライブ。

もし見逃しても録画されており、放送から1週間限定で何度でも見る事ができます。

もちろん、最新のスマートフォン(iPhone・Android)・SIMフリー携帯・PC・タブレット・2017年4月発売の新型Fire TV stickにも対応。

インターネット中継のため、外出先から視聴する事ができます。

■デメリット

  • 広島・巨人の主催試合を放送しない
  • 録画ができない(見逃し放送1週間はある)

プロ野球セットと比較した際、広島東洋カープと読売ジャイアンツ主催試合の放送がありません。

例えば、阪神 vs. 巨人戦の場合、阪神ホームの場合は、ライブ中継を配信。巨人ホームの東京ドームでは放送がありません。

録画機能がない事は、スポナビライブに限らずインターネット中継サービス全般の弱点になります。

本サイトでも、この点が一番大きなネックになるかと思われました。しかし実際には、生放送から1週間は録画配信(フル動画)を行なっているため、プロ野球を普通に見る分には、全く問題ありませんでした。

■放送球団

パリーグ

  • 福岡ソフトバンクホークス
  • オリックス・バファローズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス

セ・リーグ

  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 東京ヤクルトスワローズ

■月額料金

携帯会社月額料金
ソフトバンク980円
Yモバイル980円
ドコモ・au・格安SIM1,480円
ドコモ・au・格安SIM
(Yahoo!プレミアム会員)
980円

Yモバイル・Yahoo!プレミアム会員の方は、ソフトバンク携帯と同じく、月額980円で利用可能です。

Yahoo!プレミアム(462円)、スポナビライブ(980円)を合算した場合、月額1,442円となります。通常料金1,480円払うより、お得に利用することができます。

■無料期間

スポナビライブは、1ヶ月無料キャンペーンがあり、プロ野球公式戦(ペナントレース)を無料で見ることができます。

もし試してみて必要なかったら、無料期間中にやめれば0円ですので、デメリットがありません。
(例:6月15日に申し込みの場合、7月14日まで無料→7月14日に解約→0円)

パ・リーグTV

料金|1,450円(有料ファンクラブ会員950円)
端末|PC/スマホ/タブレット
内容|パ・リーグ6球団の主催試合

放送試合数、画質、料金面でスポナビライブが勝ります。

有料ファンクラブに会員として入会済みで、ソフトバンク携帯・ワイモバイル携帯・Yahoo!プレミアム会員のいずれかにも該当しなく、セ・リーグの放送を見なくてもいいという方にオススメ。

テレビ中継一覧

東北楽天ゴールデンイーグルスのテレビ中継一覧です。

地元テレビ局は主催試合を地上波で放送していますが、それ以外の地域では、スカパー!が必要です。

また、スポナビライブの映像をクロームキャストを使ってテレビで見る方法もあります。

地上波|東日本テレビ・宮崎テレビ・NHK仙台放送

楽天戦は、宮城県の地元テレビ局「東日本放送」「ミヤギテレビ」が地上波にて放送。NHK仙台放送も月間2試合程度、放送しています。

宮城県の地元テレビは、主催試合以外も放送することがあります。

テレビ局によって受信できる範囲が違うため、まずはご自宅のテレビで電波を受信しているか実際にご確認ください。

地上波のため無料というメリットは大きいです。

デメリットとしては放送試合数が少ないことです。4月の放送試合数は全テレビ局合計で7試合でした。

例|東日本放送のエリア
涌谷、気仙沼、白石、栗駒、志津川、蔵王遠刈田、鳴子、秋保、村田、石巻、小野田宮崎、登米、白石越河、気仙沼鹿折、小原七ヶ宿、唐桑早馬、鳴子鬼首、牡鹿、花山、女川、東和米川、唐桑大沢 、岩沼志賀、岩沼上志賀、歌津港、歌津田の浦、女川清水、石巻祝田、丸森五反田、丸森石神、大張、気仙沼八瀬、羽出庭、東鳴子、嵯峨立南、津山横山、津山石貝、津山入沢、気仙沼前木、小野田青野、柴田船迫、ののたけ東、東和嵯峨立、松島高城 

BS|BS12トゥウェルビ・BS朝日

楽天イーグルスの試合は、BSではほとんど中継されていません。6月のBSでの放送試合数は4試合でした。

さらに6月はセ・パ交流戦で巨人戦があったためBS朝日の放送が多かった結果です(BS朝日2試合)。通常のシーズン中はさらに少ないでしょう。

それでも無料なので、見たい試合がある場合はおすすめです。

スカパー!プロ野球チャンネル

スカパー!プロ野球チャンネルとは?

プロ野球12球団の試合を、テレビ中継で見るには「スカパー!プロ野球チャンネル」が必要です。

プロ野球チャンネルは、全12球団の全試合をライブ中継で見る事ができます。

チャンネル単独の契約もできますが、それなら10球団の主催試合を放送するスポナビライブを契約した方がお得です。

全12球団の試合をみたい人にオススメです。

■視聴方法

スカパー!申し込み時に、見たい球団に合わせてチャンネルを選びます。

「チャンネル単体」を選ぶか、全12球団の公式戦を全試合放送する「プロ野球セット」のいずれかを選択。プロ野球セットは、各球団の放送がある有料チャンネルを、全てセットにしているサービスです。

楽天イーグルスは「J SPORTS 2」チャンネルで放送されており、プロ野球セットに入っています。

またJ SPORTSは、1+2+3+4の計4チャンネルのセット契約もあり、その場合は2,469円+基本料421円が必要です。

そのため、1、3、4で放送されているオリックスバッファローズ、広島カープ、中日ドラゴンズ、の主催試合も視聴できます。

■月額料金

料金|3,980円+421円=4,401円(税抜き)

プロ野球セットは、申し込み月が無料(7月10日申し込みの場合、7月30日迄)で、2ヶ月目から4,401円が発生します。

申し込み月に解約することはできません。1ヶ月分の料金は必ず発生します。

基本使用料421円は、どのチャンネル視聴時にも別途発生します。

■プロ野球セットのチャンネル一覧

チャンネル 放送球団
JSPORT
(2,469円)

オリックス/バッファローズ/楽天イーグルス/
広島東洋カープ/中日ドラゴンズ

GAORA
(1,296円fr)

日本ハムファイターズ/阪神タイガース

日テレG+
(972円)

読売ジャイアンツ

FOXスポーツ
(1,026円)

福岡楽天イーグルス

TBSチャンネル2
(1,080円)

横浜DeNAベイスターズ

TBSニュースバード
(401円)

千葉ロッテマリーンズ

フジテレビONE
(1,080円)

東京ヤクルトスワローズ

フジテレビTWO
(1,080円/月)

埼玉西武ライオンズ

スカパー!では、プロ野球を放送するチャンネルが8種類存在し、そえぞれが契約している球団の主催試合を放送します。

チャンネルを合わせる時は、主催試合側のチャンネルに合わせてください。

放送内容

テレビは、試合放送がメインで、試合後のハイライト、時間が許す場合はヒーローインタビューなどもあります。

インターネットは、試合の放送はもちろん以下の内容を放送しています。

  • ハイライト
  • 選手・監督インタビュー
  • 球団イベント
  • 独自コンテンツ

特に、全試合のハイライトが配信されるため、時間がない時に効率的に試合内容を把握する事ができ非常に便利です。

2016年は公式戦以外にも、春季・秋季キャンプ、オープン戦、セ・パ交流戦、オールスター、クライマックスシリーズなど様々な放送を行なっていました。2017年も同様の内容が放送されます。

楽天イーグルスの放送を無料で見る方法

『スポナビライブ』は、楽天イーグルの試合を無料で見る事ができます。

スポナビライブは、1ヶ月無料キャンペーンを実施中。
(例:6月15日に申し込みの場合、7月14日まで無料→7月14日に解約→0円)

もし試してみて必要なかったら、無料期間内であれば解約しても0円なので、デメリットがありません。

実際には1度使うと、

  • スカパー!・WOWOWと比較すると月額料金が圧倒的に安い
  • プロ野球中継の充実ぶり(巨人・広島以外の10球団の主催試合を生中継)
  • 海外サッカー(プレミアリーグ・リーガ・エスパニョーラ)、Bリーグ(プロバスケ)、テニスなどを放送

以上のことから、継続して使う人が多いです。

無料期間がなくなる前に、1度試しに使ってみる事をお勧めします。

1ヶ月無料での申し込みは『スポナビライブ公式サイト』をご確認ください。

無料で見る方法の詳細は、【完全ガイド】スポナビライブを無料で見る方法 をご確認ください。

プロ野球|全12球団の視聴方法をチェック

プロ野球全12球団の視聴方法一覧です。

各球団の最もお得なサービス、視聴方法を詳しく紹介紹介している球団はその記事のリンクを貼っています。

チーム おすすめサービス
ソフトバンクホークス ホークス|テレビ・ネット中継ガイド
楽天イーグルス スポナビライブ・ニコニコ生放送
日本ハムファイターズ 日本ハム|テレビ・ネット中継ガイド
西武ライオンズ スポナビライブ
千葉ロッテマリーンズ スポナビライブ
オリックスバッファローズ スポナビライブ
広島東洋カープ スカパー!、DAZN(ダ・ゾーン)
阪神タイガース 阪神|テレビ・ネット中継ガイド
読売ジャイアンツ Hulu
横浜DeNAベイスターズ スポナビライブ
中日ドラゴンズ スポナビライブ
東京ヤクルトスワローズ スポナビライブ

インターネット視聴者が急増する理由

プロスポーツ全般で、インターネットを利用してライブ中継や録画放送(フル動画)を視聴する人が、2016年から急激に増えています。

ネット配信サービスは以前からありましたが、携帯会社が自社サービスとして提供を開始する事で、低料金・高品質を実現させ一気に拡大しました。

圧倒的な低料金。スカパー!&WOWOWとは収益構造が違う

2016年にソフトバンク社が『スポナビライブ』を提供開始。圧倒的なコストパフォーマンスと品質で、今までの有料放送との差別化を測りました。

圧倒的な低料金で、8種類以上のスポーツを放送できる理由は、利益を上げる方法が根本的に違うからです。

視聴料金で利益を生んでいたスカパー!やWOWOW。携帯会社が提供する場合は利益は携帯料金で回収します。

自社携帯ユーザーの料金を安くする事で、携帯(スマホ)を継続的に利用して頂き、他者への乗り換え(MNP)を防ぐ事が1番の目的です。他社携帯を使っているユーザーにも、将来的に自社携帯に乗り換える見込み顧客となる事から料金を安く設定しています。

携帯会社にとっては投資であり、視聴料金で利益を出そうとは思っていないのです。利益は携帯料金で回収します。

プロ野球以外の内容が充実(独占放送有り)

携帯会社のサービスは、ソフトバンクが提供する『スポナビライブ』。ドコモが提供する『DAZN(ダ・ゾーン)』が有ります。

どちらも8種類以上のスポーツを放送しており、今年度からスカパー!やWOWOWから放映権を獲得する事で独占放送を実現しています。

  • スポナビライブ|プレミアリーグ&リーガ・エスパニョーラ全試合放送(昨シーズンはスカパー!・WOWOWが全試合)
  • DAZN(ダ・ゾーン)は、Jリーグ(1•2・3部)を独占放送(2016年まではスカパー!が放送)

誰でも簡単にTVで見る事ができる

Chromecast(クロームキャスト)や、Fire TV stickなどの端末を、別途用意しなければいけませんが、スポナビライブもダ・ゾーンも、誰でも簡単にテレビで見る事ができます。

テレビ視聴時の画質は、ダゾーンはあまりよく有りません。しばらく経つと良くなっていたりしますが安定に欠けます。

スポナビライブは、2017年3月16日にフルHD版が提供開始。非常に綺麗な映像となり、「テレビに映したら画質が悪そう」という概念が無くなりました。

プロ野球を本当に無料で見れる

無料期間に解約ができ、本当に無料で使えるかどうかが、今までの視聴方法との大きな差になっています。

スカパー!とWOWOWは、申し込みをした場合、初月1ヶ月無料ですが、無料期間中に解約する事ができません。

スポナビライブとダ・ゾーンは、無料期間中の解約が可能で、その場合の料金は0円となります。

「まずは無料だから」と1度試した人が、実際に使ったら十分な事に気づき、そのまま継続するという流れです。

まとめ

2017年のプロ野球中継は、球団によって最適な視聴方法が異なります。応援している球団に合わせた視聴方法を見つけてください。

全球団の全試合を見たいならスカパー!です。特に、昨年セ・リーグ優勝を果たした広島東洋カープと、人気球団ジャイアンツの主催試合を放送している所がメリットになります。

スポナビライブは、1ヶ月無料キャンペーン中ですので、試しに見て必要ないと思ったら無料期間中に解約すれば0円。デメリットがありません。

野球好きの方は、無料キャンペーンがやっている間に、1度試してみる事をおすすめします。

※無料キャンペーン適用の申し込みは、スポナビライブ公式サイトをご確認ください。

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*